ガジェット

【Soundcore Liberty Airレビュー】コスパ最高の完全ワイヤレスイヤフォン / Libertyシリーズの違い、使い勝手を解説

更新日:

コスパ最高の完全ワイヤレスイヤフォン Soundcore Liberty Air購入レビュー  
イヤホンタイプは耳になかなかフィットしなくて苦手なヘッドフォン派で、普段は主にBeats Studio3 Wirelessを使用しています。

ただしランニング時はヘッドフォンだと重たいので完全ワイヤレスイヤホンを愛用していたのですが、昨年秋に片方を紛失。

使えないこともないので片耳だけで過ごしていたのですが、そろそろ雪も溶けてきてランニングも再開しようと考えると、急に物欲が湧いてくるという不思議。

モバイルバッテリーでおなじみのAnkerのオーディオブランド「Soundcore」から昨年末に発売されたLiberty Air(リバティ エア)が1万円以下ながら、機能性も高く、レビューの評判も良かったので購入してみました。

ケー
1万円以下ながら評判が良いので気になってました!

Soundcore Liberty Air

Zolo Liberty / Liberty+ / Liberty Liteとの違い

Ankerから発売されている完全ワイヤレスイヤフォンは、Liberty Air以外にもいろいろあるのでどんな違いがあるのかチェックしてみました。

それぞれ機能の違いは以下の通り。

 Liberty AirLibertyLiberty+Liberty Lite
再生可能時間
5時間
3.5時間
3.5時間
3.5時間
最大再生可能時間
(充電ケース使用)
20時間
24時間
48時間
12時間
重さ(片側)
約6g
約6g
約6g
約4g
Bluetooth
5.0
4.2
5.0
5.0
ドライバーサイズ
6mm
5.6mm
6mm
6mm
周囲音取り込み機能
-
-
-

防水性能は全てIPX5で、SiriやAndoroidの音声アシスタントも全機種対応。

ペアリング済みであれば充電ケースから取り出すと自動で接続してくれる「PUSH AND GO™機能」も全ての製品で実装されている。

再生可能時間、重さ、充電時間、周囲音取り込みの有無など機種により一長一短です。

ケー
今年フルマラソンに挑戦する予定なので再生時間はできるだけ長いほうが良いなぁ

どこに重きを置くかは使う人によって異なるとは思いますが、音飛びや途切れが少なく省電力性能の高いBluetooth5対応で、再生時間が一番長いLiberty Airを選びました。

AirPodsとの違い

AirPodsとの違い

liberty Airを見て、耳からうどん形状のAirPodsを想像する方は多いと思います。

メーカー、価格はもちろん違いますが、2つの決定的な違いは・・・

Airpodsがオープンエアー型で、liberty Airはカナル型という点です。

Soundcore liberty Airはカナル型  

カナル型は好みが分かれますが、音漏れも少なく耳の奥で響くため、低音が強く、音の表現も豊か

外部の音が取り込みづらいというデメリットもありますが、ノイズキャンセリング機能のついたヘッドフォンも使用している自分にとっては、それほど気になりません。
 

カナル型とは

カナル型は耳栓タイプの形状でイヤーピースを耳の中に装着して使用します。密閉性が高く音漏れが少ない。

ノイズキャンセリング機能とは

ノイズキャンセリングとはノイズ(雑音)や騒音と反対の信号を発生させることで、雑音を打ち消す機能です。音楽を集中して聴きたい人には人気の機能だが、その分電池を消費するデメリットも。

Soundcore Liberty Airのセット内容


Soundcore Liberty Airのセット内容
 
セット内容は上記画像の通り。

イヤーピースはXS、S、M、Lとありますので、耳のサイズに合うものを選べます。

取扱説明書は19カ国語対応。もちろん日本語もありますが、取扱説明書を見なくても操作は簡単。

ケー
説明書でチェックしたいのは、「タッチ操作の方法」ぐらい。操作は本当簡単です。

充電用アダプターは付属していません。PCから充電するか別途アダプターが必要です。

Soundcore Liberty Airを使用してみた感想

1週間程度利用してみたので率直な感想を。

ペアリングは簡単

ペアリングは簡単  

Liberty Airのペアリング方法

step
1
ケースから出す

ケースから出すと自動で電源が入ります。(上部LEDが白色に速く点滅)

もし入らなかった場合はもう1度ケースに入れて出し直すと良いでしょう。

タッチ部のシールは剥がしている状態でケースの出し入れをします。

step
2
スマホからペアリング

iPhoneでペアリング  

未接続の機器に「Soundcore Liberty Air」が表示されるのでタップします。

画像はiPhoneですがその他のスマホもBluetoothの設定画面から同様の手順で選択でOK。(上部LEDが白色にゆっくり点滅)

step
3
耳に装着してチェック

スマホで音楽を再生して聞こえるかチェックします。

片方の耳から音声が聞こえない時

ごくまれに片方だけ聞こえなくなる場合がありますが、聞こえない方のイヤホンのタッチ部を触れていると「ビュー」っという音が鳴り再接続されます。

動画で見るとどれだけ簡単なのかおわかりになるでしょう。(音声が出るので注意)

PUSH AND GO™機能の自動接続が非常に便利

PUSH AND GOの自動接続が非常に便利  

一度ペアリングしておくと、充電ケースから取り出すだけで接続、充電ケースに戻すと切断を自動でしてくれる「PUSH AND GO(プッシュアンドゴー)」が非常に便利です。

電源を入れる操作がないため、耳に装着するだけですぐ音楽を聴くことが可能。

ケー
この機能に慣れると電源を入れるという操作だけでも面倒になるから不思議

タッチでスマート操作

Liberty Airはタッチでスマート操作  

音楽再生機能や通話時の切り替えはタッチ操作が可能。

条件がいろいろあり覚えるまでは戸惑いますが、操作的には「2回タップ」と「2秒長押し」だけ覚えればOKです。

音楽機能 操作方法


 右耳を2回タップ・・・再生/一時停止
 右耳を2秒長押し・・・曲送り
 左耳を2秒長押し・・・曲戻し
 左耳を2回タップ・・・音声アシスタント起動(Siri/Googleアシスタント)

通話機能 操作方法


 着信・通話時 右耳を2回タップ・・・電話に出る/切断
 着信時 右耳を2秒長押し・・・着信を拒否
 通話中着信時 右耳を2回タップ・・・通話を保留して電話に出る
 通話中着信通話中 右耳を2秒長押し・・・保留中の回線と切り替える
 通話時 右耳を2秒長押し・・・イヤホンとスマホスピーカを切り替える
ケー
タッチ操作では音量調整ができないのが惜しいところ・・・。
今後ソフトウェアのアップデートで対応してくれると嬉しいですね。

アプリによっては少しだけ遅延あり

アプリによっては遅延あり  
Bluetoothイヤホンで気になるのは動画再生時の音声遅延。

AAC(iPhone)やaptX(Android)コーデックに対応していると音ズレは軽減されると言われており、Liberty AirはAAC、SBCコーデックに対応しているのでiPhoneではほぼ遅延はありません。

プライムビデオHuludtvは全く問題ありませんでしたがYoutubeのみ、わずかに遅れているようでした。

ケー
やや遅延があるのは残念ですが、ランニング時は音楽しか聴かないので問題なし!

音質はなかなか良質

liberty air  
ランニング用の利用を考えていたので音質はそれほど期待していなかったのですが、中音域〜低音までしっかり出ていて、なかなか好印象

カナル型なので耳への装着が浅いとカスカスな音質にはなりますが、しっかり装着すれば遮音性が高いため音漏れも少なく聞き取りやすいです。

イヤーピースでも音質が劇的に変わると言われているので、低反発素材のイヤーピースで評判の「Comply(コンプライ)」はそのうち試してみたい。

Comply(コンプライ)T-600を購入(追記)

Comply T-600  
人気のコンプライのイヤーピースですが、装着すると充電ケースに入らないという問題がありました。

いろいろ調べていくとDIMEの2月号の付録でコンプライのイヤーピースがついており、ちょうど良いのだとか。しかし最新刊が4月号なので当然ながら店頭には見当たらず・・・。

フリマアプリで見るとほとんど売り切れで人気の高さが伺える。

中には書籍の4倍近くの金額で売っている人もいる程。

ネットを見ていてもよくわからないので、ヨドバシカメラへ。

ヨドバシComply(コンプライ)売り場  

たくさんありすぎて、最初はよくわからなかったのですが ヨドバシではイヤーピースのサンプルを自分のイヤホンで試させてくれるので目当ての商品がわからない場合は是非イヤホンを持っていって試させてもらいましょう。

いろいろ試着?してみてちょうど良さそうなT-600にしてみました。

コンプライ T-600 コンプライ T-600

低反発ポリウレタンをグニュっと潰して耳に装着すると、耳の中でふくらみ装着感が増します。

ケー
フィット感は純正イヤーピースの比じゃないですよ

これは一度使うと辞められないのもわかります。

充電ケースにもギリギリ入りました。

コンプライ T-600をつけたまま充電ケースに  
なかなか良い値段しますが、その分の価値はありですね。

ポイント

遮音性アップ
低反発ポリウレタンが柔らかく耳が痛くならない
耳にピッタリフィットするので小さな音で音質もアップ

Soundcore Liberty Airレビュー まとめ

AirPodsが人気ですが、ちょっと高い黒がほしい音漏れが気になるというような人にとってはSoundCore Liberty Airはベストな選択でしょう。

SoundCore Liberty Airをまとめると・・・

ポイント

再生可能時間は5時間
IPX5の防水性能
とても軽い
SiriやGoogleアシスタント対応
Push And Goで接続はラクラク
タッチ操作は便利だが音量調整は端末から
アプリによって多少遅延あり

1万円以下でこれだけ高機能・高音質であれば「買い」ですね。

ケー
コスパの良い完全ワイヤレスイヤホンを探している方は是非チェックしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazonでオトクに買い物する方法

Amazonでの買い物は、ギフト券をチャージしてから買い物をするのが非常にオトクです。

現金でチャージするたび最大2.5%ポイントが貯まります!。

有効期限は10年もあるから安心

Amazonギフト券をチャージ

最大2.5%ポイントが貯まる!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ケー

IT業界歴17年の兼業ブロガー。 ガジェットレビュー、格安SIM、迷惑メールネタ、写真ネタなどの記事が多いです。 技術的な内容で困った方の参考になる記事を心掛けています。レビュー依頼はお問い合わせからどうぞ。

-ガジェット
-, ,

Copyright© ウェブと食べ物と趣味のこと , 2019 All Rights Reserved.