ガジェット

臨場感のある重低音 dodocool 3Dインナーイヤーヘッドホンレビュー

更新日:

f:id:photoblg:20170626233928j:plain

※ dodocool様よりサンプル提供レビュー

更新:2017/12/17

最近はすっかりBluetoothヘッドフォンの利用頻度が高く、ケーブルレスの開放感にハマり中のケーです。

もう今さらケーブルありなんて使いたいと思わなかったんですが、バーチャル5.1サラウンドサウンド重低音が売りというdodocool 3Dインナーイヤーヘッドホン(イヤフォン)のサンプルを頂いたので使ってみました。

5.1チャンネルって?

今回この商品を利用するにあたって「5.1チャンネル」ってよく聞くけど詳しいことはよくわからないので調べてみました。

音声の記録方法はモノラル(1.0ch)、ステレオ(2.0ch)というようにスピーカー1つを1chとカウントされ、3ch以上をサラウンドと言うそうです。

サウランドスピーカは聞いたことがありますが、ドルビーデジタル(音声のデジタル符号化方式)の基本配置が5.1chです。

f:id:photoblg:20170626235216p:plain

引用:サラウンド - Wikipedia

つまりこのイヤフォンでは、かなりの臨場感が味わえる(はず)ということらしいです。

なんだか初っぱなからハードルが上がってる気がしますが、気にせず進めましょう。

dodocool 3Dインナーイヤーヘッドホンを開封

この白い袋にはいって届きました。海外通販で購入したガジェットにこの梱包が多いのですが袋を開けづらい・・・。

f:id:photoblg:20170627000649j:plain

袋を開けるとカーボンのようなケースが出てきました

f:id:photoblg:20170627000730j:plain

側面にはdodocoolのタグがあって良い感じです。

f:id:photoblg:20170627002141j:plain

ジッパーをあけるとイヤフォンと付属品が出てきます。左側にあるネットで仕切られてる部分が結構便利。

f:id:photoblg:20170627002245j:plain

同梱物

f:id:photoblg:20170627002416j:plain

  • dodocool 3Dインナーイヤーヘッドホン本体
  • イヤーキャップ(3種類)
  • ステレオケーブル
  • キャリングケース
  • マニュアル(英語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、日本語、中国語)

主な仕様

材質アルミニウム合金+ TPE
ダイアフラムPET + UV
ドライバの直径12 mm(動的)
インピーダンス32オーム/ 1kHz
出力S.P.L110dB SPL @ 1kHz
周波数応答3Hz〜20,000Hz
サウンドアイソレーション-23dBの周囲ステージノイズ
マイク感度-42±4dB @ 1kHz
入力コネクタ1/8インチ(3.5mm)ヘッドフォンジャック、すべてのシステムに対応
インタフェース3.5mmオーディオジャック
互換性のあるデバイスiPhone 6s Plus / 6s / 6 Plus / 6 / Samsung S6 / S5 / Note 4 / Blackberry / Nexus / PC以上の3.5mmオーディオジャックを装備したデバイス用
認定FCC、CE、RoHS
インラインリモートサイズ約36×7×5mm
長さ1.2m(合計)
重さ約 21g

引用:Amazon

外観

ヘッドフォンという名前がついていますが見ての通りカナル型のイヤフォンです。

f:id:photoblg:20170627003524j:plain

コントローラー。音楽の再生・曲送りなどと着電時の応答・切断などができるらしいのですがiPhoneでは何故か効かず(Androidは使えた)

f:id:photoblg:20170627004255j:plain

この手のイヤフォンはすぐ外れて苦手なんですが、ケーブルの長さ調整で耳に合わせられるのがなかなか良いです。

f:id:photoblg:20170627004645j:plain

f:id:photoblg:20170627004834j:plain

引用:Amazon

ポイント

低音がかなり効いてる

f:id:photoblg:20170627004936j:plain

12ミリメートル高精度のダイナミックドライバを利用、高感度のバスブースト性能は最低で3 Hzの周波数応答との説明があったのですがよくわかりません(汗)

今使っているヘッドフォン類より低音は確かに強いです。

臨場感あるサウンド

f:id:photoblg:20170627010359j:plain

現在かなり気に入って使っているQua tab PZの大画面+3Dイヤフォンの組み合わせで映画を見てみましたがなかなかの迫力です。

スマホゲームやVR コンテンツなどにも相性が良さそうですよ。

残念なところ

機能的にはなかなか気に入っているのですが、やはり有線というのがマイナスポイントです。。

Bluetoothイヤフォンでこの機能を実現してくれればかなり魅力的ですね。

最後に

今回は臨場感のある重低音が魅力のdodocool 3Dインナーイヤーヘッドホンを紹介しました。

重低音は気に入っているので会社用に使おうと思います。(移動用はやはり無線が良い・・・)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazonでオトクに買い物する方法

Amazonでの買い物は、ギフト券をチャージしてから買い物をするのが非常にオトクです。

現金でチャージするたび最大2.5%ポイントが貯まります!。

有効期限は10年もあるから安心

Amazonギフト券をチャージ

最大2.5%ポイントが貯まる!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ケー

IT業界歴17年の兼業アフィリエイター。 ガジェットレビュー、格安SIM、迷惑メールネタ、写真ネタなどの記事が多いです。困った方の参考になる記事を心掛けています。

-ガジェット
-, ,

Copyright© ウェブと食べ物と趣味のこと , 2018 All Rights Reserved.