ガジェット

BOSE Companion2 III レビュー|音質もサイズ感もちょうど良いPCスピーカー【コスパ良し】

更新日:

Bose Companion2 Series Ⅲ

PCの音質は「どうせPCだから」というスタンスでこだわりがない方も多いのではないでしょうか。

ご多分に漏れず、わたしもそれほど拘りはありませんでした。テレワーク生活も長くなり、ちょっと良い音で聴きたいという欲が出たのが正直なところです。

PCスピーカーは種類も音質も様々。いざ探してみるといろいろあり過ぎて迷ってしまいます。

せっかく使うのであれば良いものを選びたいと思い、音響機器メーカー大手のBOSEボーズのCompanion 2 Series IIIを購入してみました。

既に発売から8年経過しているものの、人気ランキングの上位に位置する定番中の定番スピーカーです。

BOSE Companion 2 Series Ⅲレビュー

臨場感ある低音域

BOSE Companion2 Series 3

低価格帯のPCスピーカーはスカスカで中音、低音が出ない印象ではないでしょうか。

「Comanion2 Series Ⅲ」はBOSEの商品としてはリーズナブルな価格帯ながら、臨場感ある低音域が楽しめます。中音域や高音域はやや控えめなのは好みが分かれるところ。

ケー
内蔵スピーカーのシャカシャカした音とは段違い!

ちょうど良いサイズ感

Bose Companion2 Series 3

音質をだけを重視するのであれば、FOSTEX PM0.3Hも迷ったのですが、若干大きく感じたので却下。

ディスプレイの横に並べたときに、大きすぎず邪魔にならない「ちょうど良いサイズ感」です。

ケー
圧迫感もなく気に入ってます

シンプルなデザイン

デザインはご覧の通りとてもシンプル。

前面のボリュームは必要ないかと思っていたのですが使ってみると便利。イヤフォンジャックが前面にあるのもグッドポイントです。

至近距離で聴くことを想定しているため、スピーカーの角度は手前に上向き。

BOSE Companion2 背面

スピーカー背面には、AUX INとPC用入力の2系統の入力端子があります。

ACアダプターは世界対応

BOSE companion2 アダプター

ACアダプターのプラグ部分は交換可能な形式になっており、各国用のプラグが用意されています。

スライドして取り付ける形状です。

bluetooth非対応

BOSE Companion2 IIIはBluetooth非対応。ケーブルでの接続のみです。

どうしてもBluetoothで接続で利用したい場合はレシーバーを使えば接続可能。

Companion 2 Series Ⅲの接続方法

step
1
スピーカーの接続

左のスピーカー(ボリュームノブが無い方)のケーブルを右のスピーカー裏の「TO LEFT SPEAKER」に繋げます。

step
2
AC電源の接続

右のスピーカー裏の「DC POWER」にAC電源を接続します。(あらかじめプラグは接続しておきます)

step
3
PCへ接続

右のスピーカー裏の「FROM COMPUTER」に付属のケーブルを接続、macの場合は3.5mmヘッドフォンジャックに接続。

Windowsの場合はヘッドフォンもしくはLINE出力(黄緑色)があればそちらで大丈夫そうです。(グラフィックボードやマザーボードによって異なる)

BOSE Companion2 IIIまとめ

PCスピーカーの購入検討中の方で、BOSE Companion2 IIIがおすすめな方は以下の条件が合う方です。

BOSE Companion2 IIIおすすめな人

  • PCで迫力のあるサウンド楽しみたい
  • しっかりした低音を鳴らしたい
  • コンパクトなサイズのPCスピーカーが良い
  • 有線接続でも良い
  • 予算が1万円程度

BOSE Companion2 IIIはワンランク上のPCスピーカーが欲しいと思っている方に非常にオススメです。

音質が気になる方は是非電気店で視聴してみてください。

ケー
最初は中音域、高音域が弱いかな?と思っていましたが使っていくうちにキレイに聴こえるようになりました!

テレビやプロジェクターにはサウンドバーがオススメ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazonでオトクに買い物する方法

Amazonでの買い物は、ギフト券をチャージしてから買い物をするのが非常にオトクです。

現金でチャージするたび最大2.5%ポイントが貯まります!。

有効期限は10年もあるから安心

Amazonギフト券をチャージ

最大2.5%ポイントが貯まる!

-ガジェット
-

Copyright© ウェブと食べ物と趣味のこと , 2021 All Rights Reserved.