ガジェット

Apple Watch Series3のアップデートができないときの対処方法【容量不足】

更新日:

アップデートが公開になってすぐ飛びつくと、失敗することが多いためしばらく様子を見ることが多い。

昨年12月に公開になったwatchOS7.2を、そろそろ更新しようかと思い試したところ容量不足で出来ないという事態に。

上記ツイートのとおり総容量が4.8GBに対して3.1GB以上空けないとアップデートできないとは何とも厳しい。。

しばらく戸惑いましたが、公式サイトを参考にいろいろ試した結果、無事アップデートに成功しました。

Twitterを見ると、「アップデートが出来ないから買い換える」「先日買ったばかりなのにもうアップデートが出来ないなんて」というアップデート難民な方が多数いましたので記事にまとめておこうと思います。

対応していない機能などがありますが、最新版であるwatchOS8でseries3も対応となりました。

Apple Watch Serice3でアップデートが出来ないときの対処方法

アプリを削除する

Apple Watchのクラウンを押すとアプリのアイコンが出ます。

iPhoneと同じようにアイコン長押しで削除できます。

なお、アプリが使用している容量はiPhoneのwatchアプリで確認可能。

ケー
ほとんど消したけど2.6GBまでしかあけれなかった・・・写真や音楽の削除も有効です

Apple Watchを再起動する

Apple Watchを再起動することで容量が空く場合があります。

ケー
数MBぐらいしか空かなかった・・・

ペアリングを解除してアップデートする

ペアリングを解除すると空き容量が増えほとんどの場合、アップデートが可能になります。

step
1
Apple PayでモバイルSuicaの削除(iPhoneへの移動)

Apple WatchでモバイルSuicaを利用していない方はこの手順は不要です。

iPhoneの「Watchアプリの設定 > WalletとApple Pay」からSuicaをタップ、情報タブの「このカードを削除」を選びます。

確認画面が表示されますので改めて「削除」を選びます。

step
2
ペアリングの解除

iPhoneのWatchアプリから「すべてのWatch」-iマークをタップ、「Apple Watchとのペアリングを解除」を選びます。

確認画面が表示されますので改めて「解除」を選びます。(セルラーモデルの場合、モバイル通信プランの選択がそのあとに表示されます)

step
3
再ペアリング

Apple Watchを手首に装着し、近くにiPhoneがあるとAppleWatch設定画面が表示されます。「自分用に設定」もしくは「ファミリーメンバー用に設定」

iPhone をアニメーションの上にかざし、「Apple Watch を手動でペアリング」をタップして、表示される手順にそって進めます。

なお再ペアリングをする際には「バックアップから復元」を選んでください

ケー
ペアリングを解除すると空き容量が増えたので再度ペアリング→アップデートできました

注意ポイント

Apple PayでモバイルSuicaを使っている場合はペアリング解除前に、削除(iPhoneへの移動)をする必要があります。手順はこちらを参考にどうぞ

参考容量不足で Apple Watch をアップデートできない場合【公式】

最後に

Series3はまだ公式で販売しているのでアップデートできないなんてことは無いはず・・・と思っていましたがやはり大丈夫でした。

しかしこの工程はなかなか敷居が高いので、普通にアップデートできるようになって欲しいものですね。

ケー
アプリを削除したからかわかりませんが、アップデート後動作がとても良くなりました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazonでオトクに買い物する方法

Amazonでの買い物は、ギフト券をチャージしてから買い物をするのが非常にオトクです。

現金でチャージするたび最大2.5%ポイントが貯まります!。

有効期限は10年もあるから安心

Amazonギフト券をチャージ

最大2.5%ポイントが貯まる!

-ガジェット
-

Copyright© ウェブと食べ物と趣味のこと , 2021 All Rights Reserved.