ウェブと食べ物と趣味のこと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブと食べ物と趣味のこと

格安SIMのこと、windows10、迷惑メールネタ、写真ネタなど。困った方の参考になる記事を心掛けます。

Google AdwordsがFlash広告を廃止するのでGoogle Web Desgnerをインストールしてみた

サイト運営

スポンサードリンク

f:id:photoblg:20160318185348j:plain

こんにちは。

今日は息子の卒業式でした。終わってホッとして昼寝などしてたら・・・こんな時間に(苦笑)

気を取り直してネタ探しをしていたら、このようなニュース記事を見かけました。

Adswords広告で2016年7月以降Flash広告はアップロードできなくなるそうです。

既にFlash広告を適用済みの場合はいくつかの方法でHTML5広告を用意する必要があり対応策の1つにGoogle Web DesignerでHTML5広告を作るというのがあったので試しにいれてみました。

 Google Web Desgnerをインストールしてみた

ダウンロード~インストールは特にひっかかるところはなかったので実行してからの手順を紹介します。

起動するとまず新しいファイルとテンプレートの選択画面になったので新しいファイルを選択

f:id:photoblg:20160318183008j:plain

いろいろ選択肢がでてくるが今回は環境をAdwordsにだけしてOK。

f:id:photoblg:20160318183227j:plain

長方形ツールでキャンバスと同じサイズのボックス作成をしてテキストを配置してみたところ。割と直観的に作っていける印象。

f:id:photoblg:20160318183341j:plain

保存形式はhtmlになる。

f:id:photoblg:20160318183644j:plain

右パネルにはボックスのプロパティ設定箇所やCSSを追加できる部分もあり、コードから直接書くこともできるのでHTMLがわかる方はこっちのほうが作りやすいかも。

f:id:photoblg:20160318183751p:plain

f:id:photoblg:20160318184018p:plain

HTML5が勉強できるサイト

最後に

Google Web Designerは画像を作る感覚でHTMLが作成できて新鮮でした。

バナー広告を出す予定は今のところないですが、機会があればこれで作ってみたいな。

スポンサードリンク