ガジェット

Apple Watch ユーザー待望のワイヤレス充電機能搭載モバイルバッテリーが発売

f:id:photoblg:20180117213842j:plain

画像引用:Amazon

Apple Watch Series3の充電速度は早いですし、思った以上に電池が持つので現状困っていないのですが満充電せずに2日目に差し掛かるとちょっと不安になります。

モバイルバッテリーは常にあるのですが、あの磁石式の専用ケーブルはどうにも持ち歩けない・・・。予備を買うにも汎用ケーブルはほとんどないので高いのです。

その悩みを解決できそうなモバイルバッテリーを見つけましたので紹介したいと思います。

Apple Watchの充電は専用ケーブル

f:id:photoblg:20180117214906j:plain

Apple Watchの充電には、iPhoneやiPadでおなじみのLightningケーブルではなく専用のケーブルを使用。

裏面の心拍センサー部にピタッと付き充電される。よく出来ているのですが、Apple Watch専用のためサードパーティ製もほとんど無い。純正品はなかなか高いので2本目、3本目と買う気にはなれないです・・・。

今までにもあったが価格が高い

そうなると「専用のモバイルバッテリーが無いか?」と思い探してみましたが、こちらも結構高いんですよね。

容量が大きいものは1万円オーバーだったり、容量が非常に小さいものだったり購入するまでには至りませんでした・・・。

MIPOW POWER TUBE 6000 モバイルバッテリー

今回発売するのが、Apple Watch ワイヤレス充電機能を搭載、Lightningケーブル内蔵のハイブリッド型モバイルバッテリーが MIPOW POWER TUBE 6000です。

f:id:photoblg:20180117222747j:plain

画像引用:Amazon

コンパクトなボディに6000mAhと大容量でApple MFi認証「Made for iPod iPhone iPad」「Made for Apple Watch」取得済み。2台同時にチャージできるのも何かと便利。

f:id:photoblg:20180117221908j:plain

画像引用:Amazon

充電部は磁石で吸着、さらにスタンドもついているので、時計表示が出来るのも嬉しい。

仕様

バッテリーリチウムポリマー(6000mAh/3.6V)
出力2A/5V(Lightning+ワイヤレス充電)
入力1.5A/5V(Micro USB)
サイズ112mm×42mm×22mm
付属品本体充電用 Micro USBケーブル、専用ポーチ

動作している感じは以下の動画でチェックできます。

最後に

今回はApple Watchで使えるモバイルバッテリーMIPOW POWER TUBE 6000について紹介しました。

USB出力端子は無く完全にApple Watch、iPhone専用のモバイルバッテリーということでApple Watchユーザー必携のアイテムとなりそうです。

現在発売記念につき24%OFFで予約受付中!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA