スマホ

iPhoneからガラケーに電話帳移行する方法

更新日:

f:id:photoblg:20160127231544j:plain

更新:2018/10/5

前の記事にも書きましたが、Softbank iPhone5sからauのガラケー(GRATINA2)に機種変更しました。

ガラケーのほうは電話、メール専用に使う予定なのでまずアドレス帳を移す作業に入ります。

iPhone→iPhoneだとiTunesでサクっとバックアップ、リカバリーできましたが、iPhone→ガラケーとなるとひと手間必要になります。

でも大丈夫!PCとmicroSDがあれば案外簡単にできます。

必要なもの

メモ

  • iPhone
  • ガラケー
  • micorSD(ガラケーに対応するメディア)
  • PC(Windowsでやってます)

移行前準備(iPhone)

iPhoneの電話帳データをiCloud経由で保存しておきます。手順は以下の記事で。

移行前準備(ガラケー)

まず手動で1件アドレスを登録しておきます。そのアドレスをmicroSDカードにバックアップしておきPCに移動します。

バックアップ方法はメニューから「microSD」-「バックアップ」-「アドレス帳」-「バックアップ保存」

PCにSDカードリーダーなどで読み込むためにmicroSDカードを外します。

裏ぶたを開けて、バッテリーを外すとmicroSDカードを入れる場所があります

f:id:photoblg:20160129000937j:plain

f:id:photoblg:20160129001027j:plain

midroSDカードのバックアップファイルの場所は「AU」ー「BU」-「B_AD」です。

AD_0001.vcfというような名前のファイルがありますのでPCにコピー

f:id:photoblg:20160129001635p:plain

携帯アドレスデータCSV変換でCSV形式に変換します

f:id:photoblg:20160129001915p:plain

CSVを開くと各項目とテストで入力した連絡先が入っています。

ここに前回作成したiPhoneからエクスポートしてCSVに変換したファイルからデータをコピー~貼り付けします。

f:id:photoblg:20160129002224p:plain

作成したら、携帯アドレスデータCSV変換で「CSV→VCF」変換します。

生成したVCFをmicroSDに入れます。

※元のバックアップファイルと同じファイル名にします。

電話帳インポート

メニュー→microSD→バックアップ→アドレス帳から「バックアップ読み込み」

f:id:photoblg:20160129002629j:plain

先ほど保存したファイルを選択して読み込み開始します。警告がでますが最初にテストで入力したアドレスが消えるだけなのでそのまま「YES」を選びます。

f:id:photoblg:20160129002643j:plain

読み込みが終わるとアドレス帳に入ります。

f:id:photoblg:20160129002820j:plainf:id:photoblg:20160129002834j:plain

これで完了と思いきや・・・フリガナがうまく付与されていなく「その他」にほとんど入っています。

原因はiPhoneの連絡先のフリガナは全角ひらがなで、GRATINA2は半角カタカナのためうまく認識されないようでした。

CSVから差し戻しとなりますがフリガナ列だけまるごとコピーします。Wordにコピーして「文字種の変換」でカタカナ→半角の順番で変換します。

変換後そのままコピーしてCSVに貼り付けて完了です。またVCFに変換してください。

ケー
なんだかんだ結構やり直しましたが、無事終わりました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-スマホ
-

Copyright© ウェブと食べ物と趣味のこと , 2018 All Rights Reserved.