ウェブと食べ物と趣味のこと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブと食べ物と趣味のこと

格安SIMのこと、windows10、迷惑メールネタ、写真ネタなど。困った方の参考になる記事を心掛けます。

【FX 失敗談】思い込みが原因で失敗することが多い

体験談

スポンサードリンク

f:id:photoblg:20160610004755j:plain

こんにちは。FXはやっていないケーです。

会社にFX投資をしている人がいるのですが「FXで稼いで◯◯を買った」というような話を聞くと羨ましいなと思う反面、「◯◯万円1日で損した」とか聞くと怖いなぁと思います。

しかし「失敗は成功のもと」失敗談は勉強になります。今回はランサーズでFXの失敗談について募集してみたので紹介します。

FXでの失敗談。やっちまった日

私のFX歴は5年程度です。始めの数か月ビギナーズラックで10万円から倍の20万円まで資金が増えました。 そこでFXの世界を甘く見てしまったという感覚に陥りました。これが最初の失敗。

この後いくつかの失敗が重なっていきます。FX含めトレーダーとは世界一難しい職業とも言われるように、専門の方でさえかなり慎重にトレードを積み重ねています。一回だけ勝てるFXトレーダーと常に価値を積み重ねていくFXトレーダーとでは雲泥の差があります。

私の失敗はプロスペクト理論というのを知らなかったのです。簡単に言うと利益が乗っている時は早く利益を確定したい衝動にかられて、逆にマイナスを含んでいる状態では「この先レートも戻ってきてチャラになるのではないか?」「少しのマイナスくらい許容しておこう」とリスク愛好家になってしまうのがプロスペクト理論です。

数か月でコツコツと倍にしたのに、一回の大きな損失により資産を失ってしまいました。いわゆる「こつこつドカン」という失敗をやらかしてしまった訳です。FX取引はレバレッジを利かせて資産を増やしていく複利が出来るのが魅力です。資産が増えてきたときに、かけれる枚数を一気に増やして、資産を一気に増やしてやろうという安直な考えの時に限ってこつこつドカンはやってきます。

この考え方も失敗であると今では思えます。 今後はこういった経験を生かしてFXに励みたいと思います。なんて日だぁ

FXで損をして失敗した話

家計の足しになったり貯金額を増やせたらいいなあと思いやってみようと挑戦したのがFXでした。ネットでFXについてのいろいろな情報を見てみると簡単に儲かりそうだなと思ったのです。先に言うと、結果は大失敗でした。

「FXってつまり、高くなるか安くなるか、でしょ?簡単!」という気持ちから始めてみました。

やってみたところ、なかなかうまくはいきません。儲かるよりも損することが多いのです。失敗しないための勉強はなにもせず、カンを頼りにやっていたのでは今思えば当然です。

少し儲かり始めると欲が出てしまいます。「もう少ししたら売ろう」と思っているうちにあっという間に下がり始めて失敗してしまいます。

値が下がってきていても「もう少ししたら上がるはず。それで少しでも利益が出たら売ろう」と待っているうちにどんどん下がってロスカットされてしまって大失敗したこともあります。

FXって難しいし、失敗しないで利益をだすのって難しいんだなというのを実感しました。世の中でFXで大成功している人もいるのは事実です。失敗を重ねてやっと成功した人もいます。 楽して儲けるなんておいしい話はなかなかないものです。ちなみに、私がどのくらいFXにつぎ込んで損したのかは、内緒です。

思い込みが原因でFXの投資に失敗しました。

私のFXの失敗談について、ここで語らせていただきます。

私がFXで失敗した経験はたくさんありますが、 直近の失敗は、1週間ほど前にさかのぼります。

6月初旬にアメリカの雇用統計が出る前、 私は安倍政権が国策としてアベノミクスをやってる以上、 今の円相場は円高過ぎる、1ドル115円くらいまで戻すだろうと考え、 ドル円をロングポジションで持ちました。

しかし、その後米国雇用統計が発表され、 予想外の悪い数字を見た市場は動揺し、急激に円高相場が進んでしまいました。 こんなはずではなかったと狼狽した私はすぐにドル円のロングポジションを手放しましたが、10万円近くの損害を出してしまいました。

やはり、思い込むというのは危険なものです。 この時も「これ以上は円高にならないだろう」と思い込んだので、 大きく相場が動く米国雇用統計前にポジションを解消しないという、 とても慎重とはいえない投資をしてしまいました。 今になってみればなんでそんなことをしたのかよくわからないのですが、 その当時は合理的な投資だと思い込んでいたのです。 思い込みはFXの投資において一番危険な事、 それがわかっていたのにこの体たらくです。

もっとも失敗したとはいえ別に致命傷を被ったわけではないので、 今度は失敗しないように慎重にFX投資をして、稼ごうと思います。 今回のFX投資の失敗で、その重要性がよくわかりました。 次からは気をつけて、今度は勝たせてもらいます。

FXの失敗といえば誤発注

FXの失敗といえば誤発注です。これは、何もFXに限らず、株等でもあります。単位の桁を間違えてしまうのです。通常、発注ボタンを押す前に気づくのですが、飲んで家に帰った後等は、気付かずにそのまま発注してしまうこともあります。

そして、翌朝、FXのトレード画面を見て驚きます。失敗に気づくのも翌朝なのです。幸い、値動きが荒くない時期でしたから、強制ロスカットにはなりませんでしたが、だいぶ損失しました。

勿論、可能性としては、失敗ではなく、成功になったかもしれません。リスクが増大しただけであり、自分の読みが当たれば、儲けも10倍だったはずなのです。

ただ、証拠金が少なくなっているため、強制ロスカットを避けるために損切りを行う必要がありました。FXにおいて最大の失敗は、強制ロスカットですからね。為替の相場は、片方にずっと振れるということは絶対にありません。

どこかで反発というか巻き戻しがあります。強制ロスカットになると、保有金が半分になるだけでなく、反発しても何も得られない状況になります。他にもFXでの失敗は、たくさんあります。けれども最近した失敗の中で最もダメージが大きかった失敗は、やはり、桁を間違えた誤発注だったように思います。

FXの自動売買で大失敗!資金が丸々溶けました。

FXには自分で売り買いのタイミングを判断して取引を行う裁量トレードだけでなく、システムを動かして自動で取引を行う方法(自動売買)があります。

FX自動売買の最大のメリットは、ほったらかしでもいつの間にかお金が増えるということです。しかしそのシステム選びで失敗すると、どんどん資金が減ってしまうことにもなります。

元々FXを始めた時は裁量トレードだったのですが、失敗続きで資金は減るばかりでした。

そんな時に自動売買の存在を知り、「これは行ける」と思い、数万円もするシステムを購入しました。システムを稼動させた最初の数ヶ月間は、少しずつですが資金が増えていきました。

裁量トレードでの失敗もこれで挽回できると喜んでいたのですが、その矢先にアベノミクスで急激な円安トレンドが発生しました。

私が購入したシステムはレンジ相場で力を発揮するシステムだったので、アベノミクスの急激な円安の動きに対応できず、どんどん資金が減っていきました。 結局、裁量トレードの損失をはるかに上回る資金を、すべて溶かしてしまいました。

FX自体が悪いわけでもなく、自動売買が悪いわけでもないと思います。 FXで稼いでいる人も、自動売買で稼いでいる人もたくさんいるはずです。 ただ、私の場合はシステム選びに失敗し、大きな損失を出してしまいました。 いや、今思うとFXを始めたこと自体が私にとっては失敗だったのかもしれません。 今はFXで出した損失を、コツコツ労働で取り返しています。

最後に

以前、他のクラウドソーシングで似たような募集をかけた際は一切反応がありませんでしたがランサーズはその日のうちに全て完了しました。

やはりユーザー数が多いところが強いですね。良い記事ネタになるので、今後も活用していきたいと思います。

クラウドソーシング「ランサーズ」

スポンサードリンク