ウェブと食べ物と趣味のこと

ガジェットレビュー、格安SIMのこと、windows10、迷惑メールネタ、写真ネタなど。困った方の参考になる記事を心掛けます。

【防塵 防滴】格安アクションカメラ Andoer AN5000レビュー

スポンサードリンク

f:id:photoblg:20170707000935j:plain

※ TOMTOP様よりサンプル提供レビュー

ウェアラブルカメラ・アクションカメラといえばGoProというイメージが強いですが、防水・耐衝撃性能などを兼ね揃えた小型アクションカメラは各社からいろいろ発売しています。

選択肢はいろいろあるものの、国内メーカーや有名メーカーの商品はややお高め

気軽に試してみたいという方にぴったりなのが、低価格ながら最低限の機能は兼ね揃えている中国製のアクションカメラです。

今回はTOMTOPで販売している、Andoer AN5000という商品を使ってみましたので紹介したいと思います。

※アイキャッチ・TOMTOP上に4Kと表記がありますが4Kではありませんのでご注意。

開封

商品はこんな感じの袋で届きました。

f:id:photoblg:20170618074255j:plain

これの裏面には依頼主が「シノトランス エア ジャパン」という聞いたことのない名前が記載。

調べてみると日中間の宅配に特化した会社のようです。配送自体は日本郵便の方が届けてくれました。

f:id:photoblg:20170618074937j:plain

袋を開けるといきなりキャリングケースが出てきます。(上部のテープは綺麗に剥がれました)

f:id:photoblg:20170618075108j:plain

キャリングケースを開けると、いろいろな袋が煩雑に入っています。

スポンジでパーツを入れる箇所が仕切られているんですが空いているところがあるのが気になります・・・。(※あとでチェックしましたが中身はちゃんと入っていました)

同梱物

先程の袋を見ての通り、同梱物はたっぷり。防水ケースの他いろいろなモノに連結する器具などが付いています。

f:id:photoblg:20170618085114j:plain

  • AN5000(バッテリー付き)
  • キャリングケース
  • USBケーブル
  • 防水ハウジング
  • ケースバックドア
  • 自転車マウント
  • J字型マウント
  • ヘルメットマウント
  • ブラケット
  • クリップ
  • スイッチのサポート
  • フィックスベース
  • 粘着テープ
  • 包帯
  • ナイロンケーブル

器具(マウント)はこんなにあってどうやって使うのかな?というのが最初の印象でした。

ある程度使ってみると、用途別に組み合わせを変えられるこの仕組がすごく便利だということに気づきます。

主な仕様

Andoer AN5000本体

チップセットNTK96660
イメージセンサー1/2.3" CMOS(Sony IMX078)
レンズ広角 F2.0/3mm 70°/110°/140°/170°から選択可能
LCDディスプレイ2インチ
フォーカス固定
ホワイトバランスAUTO/晴天/曇天/電球/蛍光灯
保存フォーマットMP4/H.264/jpg
接続端子Micro USB2.0/mini HDMI(HDMI TypeC)
バッテリー3.8V 950mAh 充電式リチウムイオンバッテリー
対応OSWindows XP/7/8 SP3/Vista Mac 10.5以上
動作温度-10℃〜+55℃
ストレージ温度-20℃〜+70℃
防水性能30m(ハウジング)IPX5(本体)
防塵性能IPX6
サイズ(高さ・幅・奥行き)4cm x 5.9cm x 1.2cm
重量63g

Andoer AN5000メニュー(設定)

メニューから設定可能な項目。

ビデオ解像度UHD P24(2880×2160)
QHD P30(2560×1440)
FHD P60 / 30(1920×1080)
HD P120 / 60/30(1280×720)
WVGA P30(848×480 )
VGA P240 / 30(640✕480)
QVGA P30(320✕240)
ループ録画3分/5分/10分
ジャイロスコープオン・オフ
WDRオン・オフ
タイムラプス0.1秒/0.2秒/0.5秒/1秒/5秒
動作検出オン・オフ
録音オン・オフ
WDRオン・オフ
日付表示オン・オフ
カメラワイドオン・オフ
ダイビングモードオン・オフ
特別に良い効果ナイトシーン/人々/光の絵
セルフタイマー2秒/5秒/10秒
画像サイズ20M(5120×3840)
16M(4608×3456)
12M(4032×3024)
10M(3648×2736)
8M(3264×2448)
5M(2594×1944)
3M(2048×1536 )
VGA(640 * 480)
連写モード3/5/10連射
写真画質ファイン/ノーマル/エコノミー
シャープネスストロング/ノーマル/ソフト
ホワイトバランスオート/晴天/曇天/電球/蛍光灯
カラーノーマル/モノクロ/セピア
ISOオート/100/200/400
露出補正-2.0、-1.7、-1.3、-1.0、-0.7、-0.3、0、+0.3、+0.7、+1.0、+1.3、+1.7、+2.0
手ぶれ補正オン・オフ
WiFiオン・オフ
操作音オン・オフ
オートパワーオフオフ/30秒/1分/3分
Voice Promptオン・オフ
OSDオン・オフ
ドライブレコーダーオン・オフ
言語英語/フランス語/ドイツ語/スペイン語/イタリア語/ポルトガル語/ロシア語/日本語/中国語/ポーランド語/韓国語
ビデオフォーマットNTSC/PAL
TV出力オン・オフ
スクリーンセーバーオフ/30秒/1分/3分
フリークエンシー50Hz/60Hz

外観

サイズはかなりコンパクト。ボタンも最小限です。

f:id:photoblg:20170618113747j:plain

下部にはバッテリーボックスがあるのですが、防水ということでカバーはしっかりしている印象。

バッテリーには向きがあるので本体とバッテリーの端子の方向を見て挿入する感じです。

f:id:photoblg:20170618120116j:plain

最初から防水ハウジングに入っていました。いろいろなマウントに接続するならこの状態で持ち歩く感じで良さそう。

ケーブルの接続・SDカードの抜き差し以外の操作は、この状態でも全て可能です。

f:id:photoblg:20170618121121j:plain

液晶はこんな感じ。外でも使ってみましたが反射は気になりませんでした。

f:id:photoblg:20170618123627j:plain

ポイント

安い!

いきなり機能についての特徴ではなくて申し訳ないんですが、Andoer AN5000は8000円以下(6/18時点)という値段で、アクションカメラとしてはかなり安いです。

GoPro HERO543,800円
GoPro HERO+LCD16,980円
SONY HDR-AS30036,980円
Andoer AN50007,278円

※ AN5000以外は6/18時点のAmazonの価格。AN5000は6/18時点のTOMTOPの価格

価格が安いので、「とりあえず何でも良いからアクションカメラを使ってみたい」という方にはピッタリ。

オプション(マウント)が豊富

f:id:photoblg:20170618172453j:plain

最初の印象は「なんだかよくわからないけどいろいろ入ってるなぁ」でしたが、使い方をわかって便利さがわかりました。

マニュアルにはこんな感じで使用例があるんですが使わないとよくわからない・・・。

f:id:photoblg:20170618172924j:plain

例えば、ベルトに付ける場合はケースバッグドア?とクリップを組み合わせると使えます。

f:id:photoblg:20170618173521j:plain

クリップなのでカバンや服に取り付けることも出来そう。

f:id:photoblg:20170618173905j:plain

似たような形ながら、縦に繋げるパーツだったり、横に繋げるパーツがあって使いやすいように組んでいけます。

f:id:photoblg:20170618174005j:plain

これで自転車に取り付けることができました。

f:id:photoblg:20170618174121j:plain

多機能

全然使いこなせていませんがAndoer AN5000はなかなかの多機能。

まずは「防塵・防滴性能」本体はIPX5(防水)IPX6(防塵)なので水没すると壊れそうですが、ハウジングケースをつけることで雨や水場での利用でも安心感がでます。

f:id:photoblg:20170618175839j:plain

動き検出機能やジャイロスコープで手ブレ防止で、スポーツ時に撮影した動画もストレス無く見ることが可能。

写真は魚眼レンズっぽい感じで撮れるのと、小型カメラならではのローアングルでの撮影がなかなか面白いです。

f:id:photoblg:20170618183218j:plain

f:id:photoblg:20170618183106j:plain

画質は上記を見て分かる通り「物凄く良い」とは言えませんが、通常利用には充分。

また上の写真を撮影した時間が夕方でしたので日中撮る分には全然問題ないでしょう。

アプリも用意されており、カメラと接続することでスマホをモニターにすることも可能。これがなかなか便利で、設定変更・撮影開始・停止・ファイルのインポートなどができます。

ただ転送されるデータ量の問題かスマホ経由だと最高解像度には設定できないので注意。

CamKing
CamKing
開発元:SongXin Zhang
無料
posted with アプリーチ

どんな感じで撮れるかは動画を作って見ました。札幌の風景を御覧ください。少し魚眼気味なのはWDRを設定しているからかも。

設定はいろいろあるんですが、届いたらまず言語を日本語に設定。あとは弄りながらでもわかると思いますのでご安心を。(マニュアルは英語のみ)

連続撮影時間など目安(追記)

読者の方にご質問いただいたので追記します。

Q.連続撮影時間(64GBメモリ使用による動画撮影)はどれぐらいですか?

A. 32GBのmicroSDを使用していますが、最高画質(UHD P24(2880×2160))で75分・11GBでした。

1GBあたり6.8分ほど消費していましたので64GBの場合、約7時間ぐらいは保存できそうです。 32GBをフォーマットした時残り3時間09分と表示されてましたので64GBの場合約6時間18分だと思われます。

f:id:photoblg:20170620210824p:plain

なお、ぶっ続けで撮っていましたが3.8GBごとにファイルは分割されていました。

Q.連続撮影時バッテリー持続時間は?

A.最高画質(UHD P24(2880×2160))で75分撮影できました。

途中でモニターを表示してしまったので、放置しておけばもう少し続いたかもしれません。

Q.USB接続による携帯バッテリーを使用しても撮影が可能ですか?

A.モバイルバッテリーを接続しながらの撮影は可能です。

Anker PowerCore13000で動作確認しました。

最後に

今回は格安アクションカメラ Andoer AN5000を紹介しました。

あちこちで4Kと書いてありますが最大2880×2160なので4Kではありません(苦笑)と言っても映りはなかなか綺麗です。

アクションカメラが欲しいけど、ちょっと高くて手が届かなかったという方はこの機会に是非お試しください。

なお、今回は当ブログ限定TOMTOPで使える約800円OFF(8ドル)の割引コードを用意してもらいました。有効期限は7/31までですのでご興味ある方はこの機会に是非!

800円 OFF(8ドル) クーポンVVWBS9

TOMTOPからの購入方法はこちらを参考にどうぞ。