ウェブと食べ物と趣味のこと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブと食べ物と趣味のこと

格安SIMのこと、windows10、迷惑メールネタ、写真ネタなど。困った方の参考になる記事を心掛けます。

500円以下で物撮り用の撮影ボックスを作ってみた

節約 写真

スポンサードリンク

f:id:photoblg:20160220005350j:plain

こんにちは。私は写真を撮るのが趣味で風景や子供の写真をよく撮っています。

ブログをやり始めてから物撮りをする機会が増えてどうせなら綺麗に・・・と思い撮影ボックスが欲しくなりました。

 調べてみると自作している方が多いのでチャレンジしてみます。

材料・道具

買ったもの

  • フェルト(70×60㎝ ダイソー 108円)
  • 半透明のプラダン(1820×910㎜ ホームセンター 246円)

家にあったもの

  • カッター
  • カッター台
  • 定規
  • セロテープ
  • 洗濯バサミ

プラダン(ダンプラ)とは紙ダンボールと同じ形状をしたポリプロピレン製の中空シートです。
紙ダンボールに比べ、水・油に強く、丈夫で長持ちします。
その特徴を活かし繰り返し使用する「通い箱」(拠点と拠点を行き来させるケース)の材料として使われます。
使い捨てが問題視されている中、何度も使え環境にも良いプラダンの通い箱への関心が高まっています。

 引用:プラダン(ダンプラ)とは|プラダンのヤマコー|プラスチックダンボール(ダンプラ)通い箱の加工・販売

プラダンはサンプライという名前でも売っているそうです。ホームセンターに無い場合はその名前でも探してみると良いかも。

なお参考にしたサイトでは600×910mm、450×910mmの2枚のプラダンだったのですが小さいサイズが品切れしていたので大きいサイズのものを買いカットしてもらいました。

※カット代は別途かかります。サイズを指定して全てカットしてもらうと作業はぐっと楽になります。(但しカット代が増えます)

f:id:photoblg:20160220004246j:plainf:id:photoblg:20160220004303j:plain

作り方

ざっくり言うとプラダンをカットしてテープで繋げるだけです。

プラダンは600×910mm、450×910mmにカットしてもらったものを以下のサイズにカッターで切っていきます。

f:id:photoblg:20160220213517j:plain

f:id:photoblg:20160220213524j:plain

f:id:photoblg:20160220213535j:plain

 

側板と背板をテープで止めます。

f:id:photoblg:20160220215352j:plain

側板と前板をテープで止めますて、背板と背板も繋げます。

f:id:photoblg:20160220220230j:plain

こんな感じになります。前板は左右サイズが違いますが左に大きいほうを使ってみました。ここまで来るとほぼ完成です。

f:id:photoblg:20160220220444j:plain

洗濯バサミでフェルトを背板につけます。

f:id:photoblg:20160220220633j:plain

上板をのせて完成です。上からライトなどをあてて使います。

f:id:photoblg:20160220225314j:plain

 

撮影ボックスで撮った写真

早速使って撮ってみました。ライティングにコツがありそうですが背景に余計なものが入り込むのを考えると十分良いですね。

背景のフェルトですが水色やグレーの模造紙、グラデーションの入った紙などでも良いようです。

f:id:photoblg:20160220225901j:plain

f:id:photoblg:20160220225908j:plain

f:id:photoblg:20160219232555j:plain

参考にさせていただいたサイト

1,000円で作る撮影ボックス

 

 

 

スポンサードリンク