ウェブと食べ物と趣味のこと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブと食べ物と趣味のこと

格安SIMのこと、windows10、迷惑メールネタ、写真ネタなど。困った方の参考になる記事を心掛けます。

【3D】iPhone標準マップがいつの間にか良さげになってる

アプリ スマホ・携帯

スポンサードリンク

f:id:photoblg:20160124225258j:plain

 

私がiPhoneで普段使っている地図はグーグルマップアプリにしています。

 

地図アプリは以前グーグルマップがデフォルトでしたが、iOS6からアップル製のマップに変更になったのはまだ記憶に新しいですよね。

 

しかしそのアップル製のマップの出来がいまいちでニュースにもよく話題になっていました。実際自分も訳のわからない場所に連れていかれたことが何度かありました(苦笑)

rocketnews24.com

 

それからというものナビ代わりは完全にグーグルマップで他を使う気はなかったのですが最近Appleのマップアプリの状況が変わってるらしいです。

不具合が改善されており、米国ではGoogleマップの3倍以上も使われているとか。

news.livedoor.com

 

3D FlyOver(フライオーバー)がすごい

立ち上げたところ、札幌も3D FlyOver(フライオーバー) 対応しているじゃないですか!

札幌駅、すすきの、札幌ドームなどは3D FlyOver(フライオーバー)対応していました。これから行く予定の旅先など前もって3Dで確認できるとイメージしやすいので便利ですね。

 

f:id:photoblg:20160124231220p:plainf:id:photoblg:20160124231153p:plainf:id:photoblg:20160124231342p:plainf:id:photoblg:20160124231630p:plain

 

3D化は右下のiマークから3Dマップを選択。航空写真を選ぶとよりリアルに。

 

f:id:photoblg:20160124230603p:plain

 

地方は未対応

札幌は3D FlyOver(フライオーバー)対応していましたが、観光地になっているような場所でも地方都市はまだ未対応でした。これからに期待ですね。

 

最後に

フライオーバーを使ったとき、Google Earthを初めて触れた時のような感動がありました(笑)位置情報の不具合がGoogleマップレベルまで改善されているのであれば使ってみたいですね。

 

以下のApple公式ページでは対応都市がリスト化されています。世界の観光名所を見るのも楽しいかもしれないですよ。

 

iOS 9で利用できる機能 - Apple(日本)

 

 

スポンサードリンク