ウェブと食べ物と趣味のこと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブと食べ物と趣味のこと

格安SIMのこと、windows10、迷惑メールネタ、写真ネタなど。困った方の参考になる記事を心掛けます。

【Lineスタンプ 作成】LINEスタンプに挑戦(PC下処理編2)

Lineスタンプ

スポンサードリンク

更新:2016/8/30 

f:id:photoblg:20150717223352j:plain

 

 

40dai.hateblo.jp

 


前回の記事でベタで一通り色塗りをしましたが、なんだか物足りない・・・ 立体感が無いのです。

 

そこで簡単に影を入れることにします。 影の付け方はいろいろあるようで割と簡単そうなトーンカーブを使った方法でやってみました。

 

まず色塗りをしたレイヤーをクリックして、、新規で[調整レイヤー]-[トーンカーブ]を選びます。



f:id:photoblg:20150717223526j:plain


ほどよく暗くします。(この暗い部分が影になります)

追加されたトーンカーブのレイヤーをクリックしてCtrl+iで反転させます。
白いブラシで影をつけるところを塗ります。


f:id:photoblg:20150717223601j:plain


(※首の下など)

f:id:photoblg:20150717223613j:plain

 


(※手の下、わき、など影になりそうな際の部分を塗ります。ちなみにこれは死ぬほどざっくり塗ったので雑です(苦笑))

なおトーンカーブの調整で影の濃さは変更可能です。以上でPC処理は終わりです。
最後に1枚ずつに分割していくのですが申請時のリジェクト理由の1つに透過処理をしていないこと、余白をあけてないことなどがあるようです。

余白は上下左右10px程度の枠用のレイヤーを用意してはみ出さないように調整をして、PNG出力時に非表示(透過)処理をしていきました

透過処理前、影なし

f:id:photoblg:20150717223628p:plain

透過処理後、影あり

f:id:photoblg:20150717223635p:plain



あとは枚数分(40枚)同じことをするのとメイン画像、タブ用画像を用意して完了です。
それでは皆様の参考になれば幸いです。

※この記事は別のブログサービスからの引越し記事です。

スポンサードリンク