ウェブと食べ物と趣味のこと

ガジェットレビュー、格安SIMのこと、windows10、迷惑メールネタ、写真ネタなど。困った方の参考になる記事を心掛けます。

モバイルサイトの最適化チェック「Test My Site」はてなブログでも良い判定にできた

f:id:photoblg:20170707002126p:plain

先日(6/29)Googleがモバイルサイトの読み込み速度をチェック、アドバイスするツール「Test My Site」をリリースしました。

このツールではURLを入れるだけでモバイルサイトの読み込み時間推定離脱率などを表示してくれます。

似たようなツールではPageSpeed Insightsが有名ですが、もっと簡単にわかりやすい内容でアドバイスをしてくれます。

まずは何もせず計測したところ、読み込み時間は10秒、要改善という散々な結果。

ページ読み込み速度については、以前も改善するべくいろいろやってみましたが、レンタルブログということもあり、ユーザー側でどうにもならない部分があるため、放置していました。

しかし、要改善というメッセージを見てしまうと「まずいかなぁ・・・」って思いますよね。というわけでもう1度いろいろやってみました。

続きを読む

はてなブログカテゴリー編集機能でヘッダー画像挿入

f:id:photoblg:20170525133611j:plain

※今回は、はてなブロガー向け記事です(はてなブログPro対象)

先日はてなブログにカテゴリページを編集できる機能が追加されました。

staff.hatenablog.com

カテゴリーは細分化させすぎていることもあり、全部を対応しようとは思わないのですが、せっかくなのでメニューに出しているカテゴリーだけ編集してみました。

ヘッダー画像+説明文という感じが好ましいと思って、記事のアイキャッチを入れる感覚でそのままいれたところデカイ

ファーストビューで記事が見えなくなると本末転倒なのと、わざわざ画像サイズ変更するのが面倒だったのでCSSで調整してみました。これから追加しようかな?と思っている方の参考になれば幸いです。

続きを読む

SERPOSCOPE 2.7.1 Mac版をアップデートする手順

f:id:photoblg:20170329235807p:plain

先月、検索順位チェックツールGRC の値上げで駆け込み購入した方や、その他のツールに移行した方などいると思います。

わたしは周りに流されて危うくGRCを購入しそうになりましたが、踏みとどまってSERPOSCOPEを利用中。

今のところ特に不自由なく利用できているので特に不満はないです。

そんな中、SERPOSCOPEの新しいバージョンが出たというコメントを頂きましたので既にインストールしてあるSERPOSCOPEのアップデート手順をまとめてみようと思います。

あたらしいバージョンSERPOSCOPE 2.7.1が出たのですが、

serposcope-2.7.1.jarをダウンロードして、ダブルクリックしても、
「Java Jarファイル"serposcope-2.7.1.jar"を起動できませんでした。
コンソールエラーメッセージを確認してください」
というエラーになってしまいました。

当方の環境がMACなのですが、JAVAの最新バージョンをインストールしても、同様のエラーでした。
最新バージョンは機能追加されたようなので、『バージョンアップ方法編』も期待します!

続きを読む

サイト内検索スパム 自分のサイトがおかしな検索文字列でインデックスされてしまったときの対応方法

f:id:photoblg:20170316120112j:plain

※WordPressのタグが正しく表示されていませんでしたので修正しました。

今朝なんとなくTwitterをみているとロットン(id:lifefucker)さんのあるツイートが目に入ってきました。

URLを見てみるとロットンさんのブログがスパムっぽい感じでインデックスされているようです。

自分のブログがスパムに汚染されいているかのチェック方法と、ブログ別(はてなブログ、WordPress)に対応した方法を紹介します。

続きを読む

【スパム 対策】勝手に貼られた被リンク チェックとリンクを否認する方法

以前からもありましたが、最近コピーサイトや粗悪なサイトからのリンクが増えているようです。

今回は初心者向けにサーチコンソールの被リンクのチェック方法とリンクを無効にするバックリンクの否認の手順を紹介したいと思います。

続きを読む

無料検索順位チェックツール「Serposcope」をMacにインストールする手順

f:id:photoblg:20160930000301p:plain

更新:2016/10/18

無料の検索順位チェックツールといえば検索順位チェックツールGRC が恐らくシェアNo.1ですよね。

しかし残念ながらMacでは使えなくてRankTrackerを試したり、その他のソフトを探したのですが良いのが見つからず、結局VirtualBoxでWindowsの仮想環境を作ってGRCを使う運用をしていました。

www.weblog-life.net

とりあえずは問題なく使っていたのですが、記事数が多くなりロングテールキーワードが増えてくると計測したいキーワードも増えてきます。しかしGRCの無料版は3URL、20キーワードまでの制限があるため、新しく計測したいキーワードが出てきたら古いワードを削除するなりしての運用を余儀なくなれていました。

そんな若干の不満を持ちつつ先日知ったのが「SERPOSCOPE」という無料の検索順位チェックツール。嬉しいことにキーワードは無制限(Unlimited Keyword)。興味がわいてきましたがMacのインストール手順のあるページが無いようでしたので残しておこうと思います。

続きを読む

カテゴリ分けしすぎるのは良くない?

f:id:photoblg:20160220234120j:plain

ブログを書いていると時々カテゴリを何にすれば良いか?迷うことがあります。

雑記ブログになるとテーマが一律じゃない(ことが多い)ので、既存のカテゴリにあてはまらないと、新たにカテゴリを追加します。

気が付けばカテゴリが大量に・・・

 

カテゴリの目的

そもそもカテゴリの目的は・・・

  • 同じテーマの記事を探しやすくするため
  • SEO対策

ブログは記事ページへの検索流入が多い。同内容の記事を分類することでランディングしてきたユーザーに回遊されやすくする。

また大規模サイトにおいても検索上位に表示されるサイトはしっかりカテゴリ分けされている。

多いと何が悪い?

まず今回の件に関しては多くなりすぎて探しづらいというのが第一。

細かく分けすぎると1記事しかないカテゴリが大量に増えるのでSEO的にも良く無さそう。

(※「さくらVPS」「サーバー」というカテゴリを1記事に対してつけると同一コンテンツのリスクが発生する)

最後に

不要そうなカテゴリは削除して、まとめられそうなものはまとめてみました。

カテゴリを削除するとページが減ってしまうのでSEO的にはマイナスです。

ただ無意味なカテゴリページが増えてもいつか低評価になるだろうという判断で対応しました。今後はカテゴリを増やす際は慎重につけていこうと思います。

 

はてなはカテゴリの階層化が出来ないので、ついでですがこの機会にパンくずリスト設置、一部カテゴリを疑似階層化してみました。どんな結果になるか楽しみです。

 

多様化する検索方法とサーチエンジンの話題

f:id:photoblg:20160215214258j:plain

おはようございます。検索をするときはいつもGoogle派のKです。

Yahoo!JAPANが米Googleと提携しグーグルのシステムに切り替わって6年ほど経ちますが、いまだに検索を使うとなるとGoogleを使ってしまいます。

今まではYahoo!とGoogleの2大サーチエンジンがユーザーのシェアを占めていましたが最近は事情が変わっているようです。

続きを読む

【Wordpress】日本語URLの排除、リダイレクト設定

f:id:photoblg:20160116184311j:plain

 

前回の記事でも書いた通り、site:(コロン)の結果にトップページが表示されました。

 

40dai.hateblo.jp

 

トラフィックも回復傾向なので次の対策をしようと思います。

この該当サイトは特定のキーワード(検索順位1位)で来訪多いページはありますが偏り気味です。

 

全体的なトラフィックを押し上げるためには、ロングテールも拾っていきたいところ。

 

Simplicityはデフォルトでmeta keywordsが入っていなかったので来訪の多い親カテゴリのページにmeta keywordsを入れていきます。

 

40dai.hateblo.jp

 

また、表題にある通り日本語ページ(ディレクトリ)の記事が多いので変更していった。理由は以下のようなデメリットがあるため。

  • WordPressのバージョンによっては、404エラーになる場合がある
  • 外部ブックマークサービスやトラックバックで404エラーになる場合がある
  • アドレスバーや外部サービスにコピペした際に、エンコードされURLが長くなる

 

liginc.co.jp

 

しかもURLを変更するということはFacebookのいいね数やツイート数、はてぶ数などがリセットされるというデメリットがある。

ただ、アクセスできなかったら本末転倒なので思い切って変更していく。

なおURL変更にあわせて.htaccessでリダイレクトも忘れずに。

設定はもちろん301リダイレクトです。

coneta.jp

 

URLに日本語が含む場合URLエンコードして

Redirect permanent /%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E5%90%8D/  http://example.com/hogehoge/

 上記のように追記してもうまくリダイレクトされない。

 

このように、そのまま日本語で記述すればOKです。 

Redirect permanent /日本語名/  http://example.com/hogehoge/

 

 

※上記設定をする際は.htaccessをUTF-8で保存することを忘れずに。

 

これでトラフィック増えてくれるといいなぁ。