ウェブと食べ物と趣味のこと

ガジェットレビュー、格安SIMのこと、windows10、迷惑メールネタ、写真ネタなど。困った方の参考になる記事を心掛けます。

360°回転 スタイリッシュなスマホ・タブレットスタンドAnyPro AN002レビュー

f:id:photoblg:20170926212116j:plain ※ AnyPro様よりサンプル提供レビュー

最近iPadで動画を見ることが多いケーです。

タブレットやスマホで動画を見ているとどうしても重くなってきたり手がだるくなってくるんですよね。。

そんな時のために以前ELECOMのタブレットスタンドを購入しました。軽くてコンパクトで機能的なところは良かったのですがハッキリ言って「ダサい」・・・。

プラスティックだと安っぽく見えるので、ちょっとオシャレなスタンドってないのかなぁと思っていたところオシャレで機能的なスタンドを使わせていただけることになりましたので紹介したいと思います。

AnyProとは

AnyProは中国企業であるFengshiying Trade Companyのブランド。

ホーム、健康、パーソナルケア製品を主に扱っています。

参考:About – Anypro Global

Amazonでも取扱いがあるので割と入手しやすい。(※見たことあるような商品もあるある)

AmazonのAnyProショップ

開封

というわけで商品が届いたので早速開封。AnyProのロゴがカッコいいですよね。

f:id:photoblg:20170926215313j:plain

箱を開けると緩衝材に包まれてでてきました。

f:id:photoblg:20170926215419j:plain

同梱物

f:id:photoblg:20170926215657j:plain

  • AnyPro AN002本体
  • 取扱説明書
  • レビューカード

取扱説明書は日本語のみでした。海外の商品では結構珍しいです。また、保証も1年間ありアフターも万全で好印象。

主な仕様

材質アルミニウム(本体)+シリコン(すべり止めマット)
カラーシルバー
重さ327g
高さ120mm
台座の直径105mm
台座の厚さ5mm
可動角度270°
対応サイズ約4-12.9インチ

外観

アルミニウムボディがなんともスタイリッシュというかMacBook Proに合います(笑)

f:id:photoblg:20170926222450j:plain

背面にはケーブルを固定可能な溝もついています。

f:id:photoblg:20170926222606j:plain

底面はシリコンのすべり止め付き。スタンドは360°回転するので、周りの人に画面を共有したいときなどスマートに使えます。

f:id:photoblg:20170926222750j:plain

角度の変更をするも重すぎず、軽すぎずちょうどよい感じ。安定感があるので倒れる心配は全くナシ。

f:id:photoblg:20170926223206jf:id:photoblg:20170926223216j
角度の自由度も高い

ポイント

スタイリッシュ

シンプルなデザインにアルミは言うまでもなくスタイリッシュ。

何度も言いますが、Apple製品とよくマッチします。

f:id:photoblg:20170926223840j:plain

安心設計

デバイスが設置する面はゴムがついてあったり、底面の滑り止め、スタンド角が面取りしてあるなど安心できる設計になっています。

12ヶ月保証も製品に対する自信の表れなのかもしれないですね。

f:id:photoblg:20170926224121j:plain

最後に

今回は360°回転するスタイリッシュなスマホ・タブレットスタンドAnyPro AN002を紹介しました。

正直コレは自宅用以外に会社用にも欲しい感じです。リビングなどに置いてもインテリアの邪魔をしないのでなかなか良いですよ。

なお、今回は当ブログ限定でAmazonで使える割引クーポンを用意してもらいました。

有効期限は2017/10/31 ご興味ある方はこの機会に是非!

500円OFF クーポン T35EYQBR

販売元:besutoseraのみ適用のクーポンです。

クーポン適用方法

商品をカートに入れた後、以下の「Amazonギフト券・Amazonショッピングカードまたはクーポン」に上記クーポンコードを入力して「適用」ボタンで割引が反映されます。

f:id:photoblg:20170314164846p:plain

クーポンを適用すると、割引されるのを確認してください。ご請求額が以下のように割引適用後の金額になっていれば反映されています。

f:id:photoblg:20170314235547p:plain

iPhone8 / iPhoneX / Qi対応 dodocoolワイヤレス充電器 DA86B が便利だった!(iPhone7/6s/6/SE/5s/5c/5でも充電できるアイテムも紹介)

f:id:photoblg:20170924160843j:plain ※ dodocool様よりサンプル提供レビュー

iPhone8が先週末発売されましたね。

実物を店頭で見てきましたが、iPhone7と並べてみてもほとんど見た目はわからない感じですね。

4K60fps動画を撮影できるのは非常に気になりますが、実用的な新機能で気になるのがワイヤレス充電です。

置くだけで充電できるってかなり便利ですよね。今回はApple公式の充電器よりかなり安く購入可能なdodocoolのワイヤレス充電器を紹介したいと思います。

ちなみにiPhone8は持っていませんが、iPhone7/7Plus/6s/6s Plus/6/6Plus/SE/5s/5c/5でもワイヤレス充電(Qi)可能なアイテムも紹介しますので最新型を買う予定の無い方も御覧ください。

続きを読む

充電用USBケーブルの決定版 dodocool 3in1 変換ケーブルがかなり良かった

f:id:photoblg:20170914223209j:plain ※ Beeebo-jp様よりサンプル提供レビュー

最近はiPad、iPhoneのほか、モバイルルーター、ガラケー・・・とApple以外のデバイスも持ち歩いていることが多いのですが、電池が切れることもしばしばあります。

その都度モバイルバッテリーが活躍します。miniUSBのケーブル、Lightningケーブルとそれぞれ持っていても重さは変わらないけどカバンの中からゴソゴソ探すのが結構手間。

f:id:photoblg:20170915063810j
こんな感じでポーチにいっぱい・・・

いろいろなブログなどでこのタイプの充電ケーブルは見かけていましたが、使ってみたところ思っていた以上に便利でしたので紹介したいと思います。

開封

f:id:photoblg:20170914225445jf:id:photoblg:20170914225456j
外箱・裏面

f:id:photoblg:20170914225637j
裏面には対応デバイスのイラスト

LightningはMFI認定済みですので全てのLightningデバイスと互換性があります。

同梱物

f:id:photoblg:20170914225905j
同梱物

  • dodocool 3in1 変換ケーブル
  • マニュアル(英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語・日本語)

主な仕様

インターフェース USB-Aコネクター x 1
MicroUSBコネクター x 1
Lightningコネクター x 1
USB-Cコネクター x 1
充電電流 最大2.4A
ケーブル長 約1m
重量 約25g

ポイント

3in1変換

名前にも入っていますし写真を見ればわかるのですが最大のポイントは3種類のコネクターが使えるところ。

f:id:photoblg:20170914230539j

これ1本あればあらゆるUSB対応機器の充電や転送が可能。

microUSBにLightning変換アダプターをつけるタイプのモバイルバッテリーも持っていますが、固定されているため千切れそうになっています。

その点この変換アダプターはクルクル回るのでその心配はナシ。

f:id:photoblg:20170915064543jf:id:photoblg:20170915064546j
対応デバイスは様々。変換アダプターは360°回転

f:id:photoblg:20170915072804jf:id:photoblg:20170915072845j
USB-Cアダプターを接続したところ

f:id:photoblg:20170915072818jf:id:photoblg:20170915072834j
Lightningアダプターを接続したところ

耐久性

ケーブル部分は普通の柔らかいケーブルに比べると頑丈です。抜き差しを繰り返していったのち、変換コネクター部分がゆるくなってこないか若干気になるところではあります。

f:id:photoblg:20170915065530j:plain

耐久性を求めなら編み込みタイプのほうがオススメ。

最後に

これのおかげで冒頭に貼った写真のケーブルから1本で済むようになりました。

金額も安いですし複数うのデバイスを利用することが多いなら1〜2本持っていても損はないと思います。

なお、今回は当ブログ限定でAmazonで使える割引クーポンを用意してもらいました。

有効期限は2017/10/15 ご興味ある方はこの機会に是非!

30%OFF クーポン 27VJQOD7

販売元:Beeebo-jpのみ適用のクーポンです。

クーポン適用方法

商品をカートに入れた後、以下の「Amazonギフト券・Amazonショッピングカードまたはクーポン」に上記クーポンコードを入力して「適用」ボタンで割引が反映されます。

f:id:photoblg:20170314164846p:plain

クーポンを適用すると、割引されるのを確認してください。ご請求額が以下のように割引適用後の金額になっていれば反映されています。

f:id:photoblg:20170314235547p:plain

スマホ時代のOAタップ Koogeekスマートコンセント 01US レビュー

f:id:photoblg:20170912233546j:plain ※ dodocool様よりサンプル提供レビュー

スマホやタブレットを使っていると、あちこちで充電するためアダプタやケーブルが行方不明になることがあります・・・。

リビングにいるときはだいたいはこの充電器でカバーできているのですが、もうちょっとスマートにしたいと考えていたところ良さげなスマートコンセントがありましたので紹介したいと思います。

Koogeekスマートコンセント 01USとは?

koogeekは今までも当ブログで紹介したことがありますが、Apple HomeKit対応機器を扱っているブランドです。

Koogeekスマートコンセント 01USはスマートコンセント機能がついたOAタップ。つまりiPhoneやiPadから電源のオン・オフ、消費電力などがわかるものです。

電源ポートに加え、USBのポートが3つありさらに便利な感じとなっています。

開封

koogeekは白を基調としたデザインでシンプル&オシャレ。

f:id:photoblg:20170912234952j:plain

箱の横には各種機能がイラストで描かれています。

f:id:photoblg:20170912235138j:plain

同梱物

f:id:photoblg:20170912235421j:plain

  • koogeek スマートコンセント01US
  • マニュアル(英語)

主な仕様

入力120V AC,60Hz
定格電流15A
定格電力1800W
USB出力1DC5V/1A
USB出力2DC5V/1A
USB出力3DC5V/2.1A
電源ケーブルの長さ1.5m
ホームWiFi802.11b/g/n 2.4 GHz
大きさ275×64×30ミリメートル(奥行き×幅×高さ)

ポイント

Apple Homeアプリ対応

Homekit準拠のデバイスのためiPhoneやiPadから電源の制御が可能に。Siriでもオン・オフできます。

f:id:photoblg:20170913001105p:plain

ただしWiFiが2.4GHzのみ対応のため、5GHz(11ac)では繋がらないので注意

最近のWiFiルーターの場合切り替え可能だと思いますのでiPhoneやiPad側で2.4GHz(11b/g/n)に接続変更をすると繋がりますのでルーターに11b、11g、11nのどれかに対応しているか確認すると良いですね。

f:id:photoblg:20170913001051p:plain

koogeekの専用アプリを使うと消費電力なども表示されるので便利。

f:id:photoblg:20170913003417j:plain

動作はこんな感じです。

Koogeek - Smart Home
Koogeek - Smart Home
開発元:TOMTOP
無料
posted with アプリーチ

USBポート付属

スマホ用のUSBポート2つとタブレット用のポートの全3つのポートが用意されています。

f:id:photoblg:20170913001952j:plain

電源のチェックをしてみたところタブレット用のポートで計測したところ1.25A、スマホ用は0.95Aという結果でした。

これは、ポートごとに出力アンペアが異なるためでありデバイスを自動で認識してくれるわけではないので注意。

また、USBポートはホームアプリでの制御はできないのでこちらも注意してください。

f:id:photoblg:20170913002214j:plain

f:id:photoblg:20170913002303j:plain

スケジューリングも可能

koogeekアプリを使うと電源スケジュールやタイマーの設定も可能に。

時間のほか、分、時、日、週単位でリピート設定もできるので決まった時間に電源をオン・オフ(ライトをオン・オフ)などいろいろなシーンで使えそうです。

f:id:photoblg:20170913002932j:plain

最後に

今回はOAタップタイプのスマートコンセントkoogeek 01USを紹介しました。

今のところマイナス点はまったくないので大満足です。Apple製品を持っていてOAタップを探している方は是非使ってみてはどうでしょうか。

なお、今回は当ブログ限定でAmazonで使える割引クーポンを用意してもらいました。

有効期限は2017/9/30 ご興味ある方はこの機会に是非!

20%OFF クーポン O1USDEAL

販売元:SmartHome-JPのみ適用のクーポンです。

クーポン適用方法

商品をカートに入れた後、以下の「Amazonギフト券・Amazonショッピングカードまたはクーポン」に上記クーポンコードを入力して「適用」ボタンで割引が反映されます。

f:id:photoblg:20170314164846p:plain

クーポンを適用すると、割引されるのを確認してください。ご請求額が以下のように割引適用後の金額になっていれば反映されています。

f:id:photoblg:20170314235547p:plain

たくさんのUSB機器を高速転送 dodocool USB3.0高速ハブレビュー

f:id:photoblg:20170907225907j:plain ※ dodocool様よりサンプル提供レビュー

スマホにタブレット、デジカメ、フラッシュメモリなど・・・USBで繋げる機器は多くなる一方ですが省スペース化に伴い、PC側のUSBポートは減っている印象。

今回は高速な通信が可能なUSB3.0ポートを拡張できる、ハブを紹介したいと思います。

開封

いつもと同じ感じのシンプルな梱包で届きました。

f:id:photoblg:20170907230936j:plain

f:id:photoblg:20170907230948j:plain

箱を開けると半透明の袋にハブが入っています。

f:id:photoblg:20170907231247j:plain

同梱物

f:id:photoblg:20170907231314j:plain

  • USB3.0ハブ
  • マニュアル(英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、中国語、日本語)

同梱物も至ってシンプル。本体とマニュアルのみ。余計なものがたくさん入っている国産メーカーよりこの辺は好印象。

主な仕様

入力インターフェイスUSB3.0 Type-A✕1
出力インターフェイスUSB3.0 Type-A✕4
データ転送速度最大5Gbpsまで
互換性のあるシステムWindows10/8.1/87/XP/Mac OS X
重さ66g
ケーブル長さ1m

このハブはファイル転送用としては使えますがスマホなどの充電では使えませんのでご注意ください。

ポイント

ポートは4つ上向きのため複数差し込む際の干渉は少ないです。

f:id:photoblg:20170907232644j:plain

台形型でちょっとしたスキマにも入れておけます。1mのケーブルも便利。

f:id:photoblg:20170907234204j:plain

USBポート数が少ないノートPC用に机の横にあっても邪魔にならないサイズ感。

f:id:photoblg:20170907234211j:plain

裏面には滑り止めゴムもついており安定した配置が可能。

f:id:photoblg:20170907235640j:plain

外付けHDDをUSBハブ経由と直挿しで速度を見たところ、直挿しと遜色ないスピードで転送できました。

f:id:photoblg:20170907235313p:plain

材質はABS樹脂で軽量ボディですが、安っぽく見えないところも気に入ってます。

f:id:photoblg:20170907232714j:plain

最後に

今回はたくさんのUSB機器を高速転送 dodocool USB3.0高速ハブを紹介しました。

今まで持っていたのが低速(USB2.0)だったのでこれから活用する機会が増えそうです。

なお、今回は当ブログ限定でAmazonで使える割引クーポンを用意してもらいました。

有効期限は2017/9/30 ご興味ある方はこの機会に是非!

25%OFF クーポン QFDDT6DK

クーポン適用方法

商品をカートに入れた後、以下の「Amazonギフト券・Amazonショッピングカードまたはクーポン」に上記クーポンコードを入力して「適用」ボタンで割引が反映されます。

f:id:photoblg:20170314164846p:plain

クーポンを適用すると、割引されるのを確認してください。ご請求額が以下のように割引適用後の金額になっていれば反映されています。

f:id:photoblg:20170314235547p:plain

iPad mini4は、持ち運びにはちょうど良いサイズのタブレットだった

f:id:photoblg:20170828213500j:plain

先日Twitterでもつぶやきましたが、古くからの知人にiPad miniを安く譲ってもらいました。

10インチのタブレットは子供のYoutube専用機になっているのと、持ち運ぶにはちょっと大きいためiPad miniがずっと気になっていました。

ただ、時期的に新しい機種が出そうなのと価格がちょっと高いので二の足を踏んでいたところ・・・ちょうど売ってくれる話を持ちかけてもらい二つ返事で購入することにしました。

続きを読む

手ブレ補正付きアクションカメラ EKEN V8s 4K 使用レビュー

f:id:photoblg:20170815195416j:plain EKEN Store様よりサンプル提供レビュー

以前使ってみたアクションカメラですが、4K表記がありながら4K動画が撮影できないという微妙な仕様ながらも、面白くて結構遊びました。

価格からすると我慢できる範囲内ですが、せっかくなら4Kで撮影できるものも使ってみたい・・・

と思っていたところ4K対応&手ブレ補正付きのEKEN V8s 4Kのサンプルを、EKEN様よりご提供頂けることになったので紹介したいと思います。

EKENとは

EKEN(イーケン)は2005年創業の中国のアクションカメラブランド。

Amazonでは、6000円程度の低価格の商品からのラインナップを取り揃えているようです。

EKENのアクションカメラ一覧

開封

外箱は国産品かと思うぐらい綺麗な梱包。

f:id:photoblg:20170816223246j:plain

背面には技適証明番号っぽいコードがありますが検索したところ見当たりませんでした・・・。

f:id:photoblg:20170816230259j:plain

上部のプラスティックケースを外すと中から黒い箱が出てきます。カメラは箱の上部にしっかり固定。

f:id:photoblg:20170816230506j:plain

同梱物

EKEN V8sはアクセサリー類がたっぷり。予備バッテリーと同時に2つ充電できる充電器はかなりうれしいです。

f:id:photoblg:20170816230706j:plain

  • EKEN V8s本体
  • 防水ケース
  • カメラフレーム
  • 防水ケース後部ドア
  • ハンドルバー/ポールマウント
  • ストラップ(リモコン用)
  • マウント✕5
  • ヘルメットマウント✕2
  • リモコン
  • 予備バッテリー✕1
  • 充電器
  • テザーズ
  • USBケーブル
  • 予備電池(リモコン用)
  • ミニ三脚
  • マニュアル(日本語)

主な仕様

動画 4K 25fps (EIS) / 2.7K 30fps (EIS) / 1080p 60/30fps (EIS)
超広角レンズ170度
耐水性水深 30m
Wi-Fi 802.11 b/g/n
記憶媒体マイクロ SDXC カード (不同梱) (32か64 GB)
バッテリー 1050mAh (4K 50分)
入力/出力マイクロ USB/ HDMI
スノーモードOn/Off
ループ記録オフ/オン(4Kと2.7Kは非対応)
日付スタンプオフ/日/日と時間
露出補正+—2.0/+—1.7/+—1.3/+—1.0/+—0.7/+—0.3/0
写真解像度12M/8M/5M/4M
写真フォーマットJPEG
バーストモード1秒/3連写、2秒/7連写、4秒/15連写、8秒/30連写
TL写真のタイムラプス3s/5s/10s/30s/60s
連続ラプスオフ/オン
電源周波数50Hz/60Hz/自動
サイズ59.3✕21.4✕41.1mm(長さ✕幅✕高さ)
重さ66g(バッテリー含む)
多言語設定英語 / 中国語(繁体字) / イタリア語
スペイン語 / ポルトガル語 / ドイツ語 / オランダ語/ フランス語
チェコ語/ ポーランド語 / トルコ語 / ロシア語 / 日本語 / 韓国語
タイ語/中国語(簡体字) / フィンランド語/ デンマーク語
スウェーデン語 / ノルウェー語 / ハンガリー語 / スロバキア語
ギリシャ語

外観

箱から出すと大きなレンズ部が印象的な防水ケースに入っています。

f:id:photoblg:20170816232900j:plain

正面のステータス画面以外、製品の作りはAndoer AN5000とほぼ同じ感じ。

f:id:photoblg:20170816233633j:plain

裏面には注意事項が記載。「おアクションカメラ」の誤植がかわいい。

f:id:photoblg:20170816234027j:plain

バッテリーは背面キャップを取り外すと取り外せます。

f:id:photoblg:20170816234234j:plain

電池の持ちはあまりよくないので予備バッテリーはかなり嬉しいです。充電中はLEDが赤く点灯、充電が完了すると青くなります。

f:id:photoblg:20170816234328j:plain

MicroSDが入っていない場合「No Card」と表示されます。

f:id:photoblg:20170816234459j:plain

正面のLEDには電池残量、録画モード、録画時間などがわかるようになっており自撮り撮影が捗りそうです。

f:id:photoblg:20170816234543j:plain

設定画面は最初から日本語になっているので英語が苦手な方でも安心して使えます。

f:id:photoblg:20170816234801j:plain

f:id:photoblg:20170816234822j:plain

マニュアルも日本語。

f:id:photoblg:20170816234915j:plain

SDカードを挿入すると4K動画を撮影できるかSpeedTestが開始されます。残念ながらここは英語表記。

f:id:photoblg:20170816235001j:plain

MicroSDのスピードが遅い場合は「速度が充分じゃないため4K動画が撮影できません」というメッセージが表示され実際に撮影できません。

f:id:photoblg:20170816235115j:plain

手元にUHSスピードクラス3(U3)のSDが無かったためのMicroSDは後ほど購入。

ポイント

高画質

f:id:photoblg:20170817004023j:plain

4K(3840x2160)モードでの動画はさすが高画質。大画面でも綺麗に見れます。

しかし、写真はサイズ設定が14M固定なのはちょっと残念。

microSDは高速(転送速度90M/s以上)大容量(64GBまで対応)のものを用意して最高画質で撮るのをオススメします。

※サンディスク、SamsungのSDカードはレビューをみたところ相性が悪そうなので注意。

f:id:photoblg:20170817004433j:plain

アクセサリーが豊富

f:id:photoblg:20170817004727j:plain

予備バッテリー、三脚、リモコンなど・・・アクセサリー類はかなり豊富!

マウント類は汎用サイズなのか、Andoerのものをそのまま使えるようでした。

なおバッテリーは2時間弱で2本使い切ってしまったのでモバイルバッテリーも携帯しておくと良さそうです。

付属の三脚はやや不安があったので、PIXI EVOを使用。汎用の三脚ネジがついているケースがあるので他の三脚も使えます。

強力な手ぶれ補正(EIS)内蔵

f:id:photoblg:20170817010633j:plain

3個のジャイロスコープと加速度計内蔵、手ブレ安定化性能により、鮮明で高画質な映像を撮影を可能にしているそうです。実際した際にも手ブレはかなり少なく感じました。

今回もどんな感じで撮れるかは動画を作って見ました。4Kモードはさすがに画質が綺麗です。

イマイチなポイント

f:id:photoblg:20170817062939j:plain

ボタンが少ないので仕方がないのですが、メニューを表示するまでボタンをたくさん押さなくてはならないのが面倒・・・。

専用アプリもありますが、設定周りは変更できないようです。

ただこのアプリ、簡単な動画編集機能もあり、連携しなくても普通に使えるアプリです!

Ez iCam
Ez iCam
無料
posted with アプリーチ

また、通常時は問題なかったのですがUSB接続時かなり本体に熱を持っていました。「正常操作でも熱を持つ場合があります」という表記もありましたので想定内なのかもしれませんが、ちょっと気になります。

最後に

今回は手ぶれ補正付きアクションカメラ EKEN V8s 4Kを紹介しました。

4K動画はかなり綺麗なので、普段から持ち歩くアクションカメラとして活躍しそうです。

EKEN V8s 4kは「GoProは高くて手が届かないけど高品質な動画を撮りたい」という方にはオススメできるカメラですね。

なお、今回は当ブログ限定でAmazonで使える割引クーポンを用意してもらいました。

有効期限は2018/8/15とかなり長く使えます。ご興味ある方はこの機会に是非!

980円 OFF クーポン 837SE2J5

※何回でも使えます!

クーポン適用方法

商品をカートに入れた後、以下の「Amazonギフト券・Amazonショッピングカードまたはクーポン」に上記クーポンコードを入力して「適用」ボタンで割引が反映されます。

f:id:photoblg:20170314164846p:plain

クーポンを適用すると、割引されるのを確認してください。ご請求額が以下のように割引適用後の金額になっていれば反映されています。

f:id:photoblg:20170314235547p:plain

ふるさと納税でおいしい宮崎完熟マンゴーが届いた

f:id:photoblg:20170809225140j:plain

今年もふるさと納税でいくつかの自治体に寄付をさせていただきました。

結局、去年と同じ自治体に寄付をしたのですが、去年出回り時期が過ぎていた為、選ぶことができなかったマンゴーも選んでみました。

早速届いたので紹介したいと思います。

続きを読む

LED付きの新型 Koogeek スマートコンセント P2 レビュー Apple Homekit 対応】

f:id:photoblg:20170726190934j:plain ※ SmartHome-JP様よりサンプル提供レビュー

以前もスマートコンセントと電球を記事で紹介したことがありますが、iPhoneホームアプリで制御できる、HomeKit対応商品というのがあります。

今回新しい商品が発売されサンプル品をいただきましたので紹介したいと思います。

開封

今回もスマートなデザインの白い箱に入っていました。

f:id:photoblg:20170726211827j:plain

単純な電源ON/OFF制御となるので、「ランプ」「扇風機」「加湿器」などがオススメのようです。

加湿器は電子制御されているものが多いと思うので、なかなか難しいかも。

f:id:photoblg:20170726212211j:plain

裏面。

f:id:photoblg:20170726212407j:plain

箱を開けるとコンセントがすぐ出てきます。P1に比べると少し小さくなったかな?

f:id:photoblg:20170726212446j:plain

同梱物

f:id:photoblg:20170726212539j:plain

  • スマートコンセント本体
  • クイックスタートガイド(英語)

マニュアルは英語のみですが使い方は単純ですので問題ありません。

主な仕様

電源入力120V AC最大、60Hz
電源コンセントの数1
抵抗性12A、1500W
証明書FCC、RoHS、Wi-Fi
保証期間12ヶ月保証
サイズ約58.50 ✕ 58.50 ✕ 30.50mm(L ✕ W ✕ H)
重さ約 76g

システム要求

  • Wi-Fi:(802.11b / g / n、2.4 GHzのみ) WPAまたはWPA2ネットワークセキュリティ

  • Koogeek Homeアプリ(App StoreとGoogle Playで利用可能)

iPhone、iPod touch、iPad、またはApple WatchでこのHomeKit対応アクセサリを制御するには、iOS 8.1以降が推奨されます。

Android搭載端末は、Android 4.3以降が推奨されます。

Koogeek - Smart Home
Koogeek - Smart Home
開発元:TOMTOP
無料
posted with アプリーチ

※iPhoneは標準でインストールされているホームアプリで制御できます。

外観

P1から改良された新製品ということでしたので、P1と並べてみました。(左がP2、右がP1)

四角い形状に丸みを帯びているP1に比べると、P2は完全に丸い形状で一回り小さくなりました。

P1はロゴ部分にLEDがついていましたが、P2は普通のLEDに変わったようです。

f:id:photoblg:20170726213618j:plain

上からみたところ。

どちらもスイッチがついていますが、P2は電源マークがなくなりました。

f:id:photoblg:20170726213630j:plain

今回のもアース付の3Pプラグのため、変換プラグか3P対応のOAタップが必要です。

f:id:photoblg:20170726214321j:plain

P1との1番の違いが前面にあるナイトライト。部屋が暗い時に便利。

f:id:photoblg:20170726222954j:plain

Amazon Alexa(Amazonが提供するクラウドベースの音声認識サービス)に対応しているようですが、アプリ自体が日本ではまだ未提供なのか見当たりませんでした。

f:id:photoblg:20170726223432j:plain

今回のコンセントも公式アプリを使うと消費電力をアプリ側で監視することも可能

f:id:photoblg:20170726223950j:plain

画像:Amazon

動作状況は動画にしてみました。なんというかシンプルです。

最後に

以上Koogeekの新しくなったスマートコンセント P2 の紹介でした。

今回は以前紹介した商品も含め7月31まで使えるクーポンがありますのでご興味のある方はこの機会にどうぞ。

Koogeek スマートコンセント P2

30% OFF クーポン(販売元SmartHome-JP) XGT2FN5B

Koogeek スマートランプソケット

25% OFF クーポン(販売元SmartHome-JP) ES5QIQFS

Koogeek スマートライト1路スイッチ

25% OFF クーポン(販売元Beeebo-jp) JDE6AKZZ

Koogeek スマートコンセント P1

25% OFF クーポン(販売元SmartHome-JP) WM7KKU3I

※ 複数のショップで販売している場合がありますので、クーポン適用の際は販売元にご注意ください。

f:id:photoblg:20170726232446j:plain

クーポン適用方法

商品をカートに入れた後、以下の「Amazonギフト券・Amazonショッピングカードまたはクーポン」に上記クーポンコードを入力して「適用」ボタンで割引が反映されます。

f:id:photoblg:20170314164846p:plain

クーポンを適用すると、割引されるのを確認してください。ご請求額が以下のように割引適用後の金額になっていれば反映されています。

f:id:photoblg:20170314235547p:plain

タブレットやスマホ・PCで使えるBluetoothキーボード Logicool K480を購入した

f:id:photoblg:20170723012255j:plain

タブレットに使うキーボードは、使用頻度を考えると正直言って買わなくても良いかなと思っていたのですが、先日記事でも紹介したプロジェクターを使ってから状況が変わりました。

記事にも書きましたが、方向ボタンと決定ボタンのみでの文字入力はストレスしか残りません・・・(苦笑)

プロジェクター単体で、Youtubeやプライムビデオを楽しむにはどうしてもキーボードが必要でした。

どうせ買うなら「タブレットでも使い勝手の良さそうなもの」と探していたときに見つけたのが今回購入したLogicool K480です。

最初はオモチャっぽい見た目が、どうにも慣れなかったのですが、ヨドバシで実際に触ってみて使い心地は全く問題ないことがわかり、購入することにしました。

開封

箱はこんな感じ。タブレットやスマホで利用できるというのが一目でわかるデザイン。

2014年発売のためロゴは古いもの(2015年にロゴが新しくなっている)

f:id:photoblg:20170723220410j:plain

箱を開けると、スタンド部分の蛍光色が目に入ります。

接続方法も図で表示されているためか、マニュアルなどは一切添付されず保証書と本体のみ。

f:id:photoblg:20170723220612j:plain

ちなみにこの接続の図の部分はシールになっており、剥がせます。

主な仕様

本体サイズ
(幅×奥行×高さ)
299 x 195 x 20mm
本体重量キーボード
(電池含む)
815g
カラーブラック / ホワイト
キーレイアウト84キー日本語レイアウト
キー構造/デザインパンタグラフ
キーピッチ19mm
キーストローク 2mm
押下圧 60g
角度調節機能
ショートカットキー ホーム、アプリケーション切り替え、
アプリケーションキー、戻る、検索、
前のトラック、再生/一時停止、次のトラック、
ミュート、ボリュームアップ、ボリュームダウン、
挿入/言語切り替え、スクリーンショット/画面ロック
使用電池単四形乾電池 x 2本
電池寿命最大2年*
操作距離10m
無線方式Bluetooth
対応機種外付けキーボード(HIDプロファイル)をサポートするBluetooth対応製品
対応OSWindows 7、Windows 8、Windows 10、
OS X以降、Chrome OS、iOS 5以降、Android 3.2以降

ポイント

複数デバイス対応

複数デバイスを使う際に、面倒なのがいちいち接続と切断をしなくてはならないところ・・・。

K480は3台までデバイスを登録ができダイヤルで切り替えができるため、面倒な接続/切断をする必要はありません。

f:id:photoblg:20170723223647j:plain

マルチデバイス対応

ワンタッチでPC(Android/Windows/ChromeOS)i(iOS/macOS)のペアリングが可能。

長押ししてキーボードを使いたいデバイス側から接続するだけなのでとても簡単に繋がります。

f:id:photoblg:20170723223625j:plain

ペアリング要求時のコード入力は、そのままK480で入力してenterキーでOKです。

f:id:photoblg:20170723235614j:plain

タブレットスタンド付

10.1インチのタブレットでも余裕のスタンド付。溝は1.3mm程度。

Qua tab PZもiPhoneもまったく問題なかったので良かった。

このスタンドがついているところが、わざわざK480を買った理由でもあります。

f:id:photoblg:20170723223726j:plain

パンタグラフキーボード

キーストロークは2mm。普段ノートPCを使っていることもありますが、そこそこ押しごたえがありパチパチ入力するのが楽しいです。

f:id:photoblg:20170723231720j:plain

後ほど言及していますが、日本語変換の仕方がわからず苦労しました・・・。

f:id:photoblg:20170723235429j:plain

電池同梱

電池が同梱されているので、購入後すぐ使えます。使用環境によりますが電池は最大2年使えるとか。

f:id:photoblg:20170723223707j:plain

イマイチだったところ

キー入力方法がわからない

複数デバイス対応しているということで、工夫はいろいろとされているのですが正直マニュアルを見ないとわかりませんでした・・・。

デバイスによって異なる機能が予約されているキーは以下の画像のように別れて記載されております。

f:id:photoblg:20170723234342p:plain

また、Androidで日本語/アルファベットの切り替えがわからずかなり困りました。

最終的には「Shift+スペース」で切り替えることができました。@マークやかっこ()などもAndroidはWindowsやmacとは異なるキー配列なため慣れるまで手が止まってしまいそう。

最後に

今回はタブレットやスマホ・PCで使えるBluetoothキーボード Logicool K480を紹介しました。

先日のプロジェクターで使ってみたところ、AndroidでGoogle日本語入力を選択しても入力時に中国語が出てしまう問題が発生。

調べてみたところ、入力方法で日本語キーボードを選択すれば良いような記事を見かけたのですが同じ設定画面が表示されずいまだに解決していません(泣)

Androidとキーボードってなかなか難しいですね。。。

経年劣化も楽しめる天然皮革ボディバッグ購入レビュー

f:id:photoblg:20170720225553j:plain

プライムデーに楽天お買い物マラソンが終わって久しいですね。セールが終わってから、欲しいものを思い出すことが不思議と多いケーです。

楽天お買い物マラソンの終わる直前か終わってからぐらいの時期に、いつも使っているショルダーバッグが結構ボロボロになっていることに気づきました。。

今回は新しいショルダーバッグ選びで候補にした商品や気になった商品と購入、到着までのことを書きたいと思います。

続きを読む

低価格プロジェクターの決定版!多機能LEDプロジェクターGP70UPレビュー

f:id:photoblg:20170716000104j:plain ※ TOMTOP様よりサンプル提供レビュー

巷では、大型の薄型液晶テレビが人気で、買い換えのタイミングで4Kテレビやフルハイビジョンなどを選ぶ人も多いらしいのだとか。

一方、我が家のテレビは32インチと控えめサイズ。普段はまったく不自由ないけど、映画を見る時はもうちょっと大きい画面で見たい。

そんなわけで以前から壁面に投影して、大きなサイズで見れるプロジェクターを狙っていたのですが、海外総合通販【TOMTOP】 様より、GP70UPという小型プロジェクターを提供して頂いたので早速使ってみました。

開封

海外から発送していますので商品が届くまで若干時間がかかります。今回は手続きから9日程度で到着しました。

f:id:photoblg:20170716003052j:plain

前回同様、送り主は国内の輸入代行業者「シノトランス エア ジャパン」からになっていました。

箱のサイズは23.5✕20✕13cm(幅x奥行きx高さ)ぐらいで、まあまあ大きいです。

f:id:photoblg:20170716003540j:plain

箱の側面、裏面など。

f:id:photoblg:20170716003600j:plain

箱を開けるとケーブル類、マニュアル、リモコンが出てきます。箱に何やら痕がついていますが、これぐらいは気にしない。

f:id:photoblg:20170716004123j:plain

さらに開けると本体が出てきます。しっかり梱包されており安心。

f:id:photoblg:20170716004333j:plain

同梱物

f:id:photoblg:20170716004605j:plain

  • GP70UP本体
  • リモコン
  • 電源ケーブル
  • RCAケーブル
  • ユーザーズマニュアル(英語のみ)

商品サイトにHDMIケーブルの画像が表示されていましたが同梱されておらず。マニュアル記載の同梱物にもHDMIケーブルは無かったのでサイトのミスのような気がします。。

PC接続には別途HDMIケーブルの用意が必要です。

主な仕様

システム

CPUクアッドコア1.5GHz(CoretexA5)
GPUオクタコア
メモリ1G DDR3
フラッシュメモリ8GB
OSAndroid 4.4
WiFiIEEEE802.11 b/g/n
Bluetoothv4.0
メディアフォーマット(動画)MPG(MPEG1,MPEG2),AVI(DivX,Xvid,MJPEG),Ts(MPEG2,H.264),MOV,MKV,MP4(MPEG4 SP/ASP,H.264),VOB
メディアフォーマット(音声)MP3,WMA,M4a(AAC)
メディアフォーマット(画像)JPG,JPEG,BMP,GIF,PNG,GIF
メディアフォーマット(その他)TXT,LRCほか

LED、その他

ランプLEDランプ(寿命 約20,000時間)
明るさ最大800ルーメン
アスペクト比4:3/16:9
コントラスト比600:1/10000:1
解像度800✕480 最大1080P
投影距離0.8-4.2m
台形歪み補正±15°
電源(最大ワット)70W
出力電圧90-240 v/50-60 Hz
入力ポートHDMI✕2、USB2.0✕1、AVポート✕1、VGA✕1 、SD カード スロット✕1、3.5 mm オーディオ出力✕1、電源入力ポート
サイズ19.5 ✕ 16.0 ✕ 8.0 cm
本体重量1003g
パッケージ サイズ23.5 ✕ 19.8 ✕ 12.6 cm
パッケージ重量1475 g

外観

正面。レンズとロゴプレートのみのシンプルなデザイン。

f:id:photoblg:20170716110221j:plain

右サイド。排気口、SDカードスロット、3.5mm差込口があります。マニュアルにはスピーカーを接続している図が書いてありましたので小型スピーカーをつけると良いかも。

f:id:photoblg:20170716110306j:plain

左サイド。排気口のみ。

f:id:photoblg:20170716110535j:plain

左から、RCAケーブル用ポート、リモコン受信部、HDMI✕2、USB、VGA、TVポート。AC電源は眼鏡型。

TVポートは日本の同軸ケーブルとは規格が違うようで、繋がりませんでした。

f:id:photoblg:20170716110515j:plain

上部。操作パネルが集まっています。

f:id:photoblg:20170716113351j:plain

ポイント

単独利用が可能

f:id:photoblg:20170716123248j:plain

プロジェクターにAndroid(OS)が内蔵という発想はまったくなかったので単純に驚きました!

アプリをインストールすることも可能で、Youtubeアプリは最初から使えるため単体で映像を楽しむことが可能です。

ただ、文字の入力をパネルもしくはリモコンでするのがかなりストレス・・・。

Bluetoothキーボードやマウスも使用できるらしいのでAndroidで使えるキーボードがあるとかなり快適かも。

小型・軽量

f:id:photoblg:20170716131601j:plain

スマホを3台横に並べたくらいのサイズ感!見ての通りかなり小さいです。

古いプロジェクターは重かった&持ち運びが面倒だったのでかなり驚きました。ちょっとした打ち合わせなどで使うのにも良いかも。

入力ソースが豊富

f:id:photoblg:20170716132625j:plain

外観の背面のポートを見てもわかりますが、アナログVGAの他、HDMI✕2、AV(RCA)、テレビ(国内では使えないですが)、SDカードと入力ソースが豊富です。

Androidの設定がボタン操作ではストレスだったのでw PCを投影していろいろ試していましたが、PCの持ち運びが大変な場合、SDカードに動画ファイルや画像ファイルを入れることもできるので利用の幅が広がります。

Androidに詳しくないので試せなかったのですがMiracastアプリが入っていますのでスマホやタブレットの画面を表示することも可能そうです。FireTV Stickも使えるんじゃないかな?

HappyCastというアプリを利用するとAppleTVのような機能も使用可能。

f:id:photoblg:20170717122224j:plain

言われるがままに進めると怪しいアプリのインストールを促されるのでそれは入れないでAllcastという無料アプリをいれてみました。

追記:HappyCastのアップデートをしたら特にAllcastなどのアプリは必要無いようでした。

f:id:photoblg:20170717122533j:plain

このアプリを入れてAirPlayにするとYoutubeもプライムビデオも再生することができます。これができるとほんと最強です。

寝室にスマホとプロジェクターを持っていくだけで寝ながら大画面な映像を楽しめますよ。

AllCast
AllCast
開発元:AllCast LLC
無料
posted with アプリーチ

明るい場所での利用には適していない

f:id:photoblg:20170716145908j:plain

プロジェクターの明るさはルーメンという単位でわかります。

GP70UPは最大800ルーメンですので昼間はカーテンで部屋を暗くしないと見辛いです。夜でも電気をつけず完全に暗い状態のほうが快適ですので過度な期待は禁物。

なお、会議室などで使うプロジェクターは部屋の明るさや広さなどで条件が変わりますが3000〜6000ルーメンクラスが求められます。値段的に個人では手が出せないですよね・・・。

イマイチな点

f:id:photoblg:20170716133940j:plain

ボタンがやや多い印象ですがその分直感的な操作が可能になっています。

ただ、前述した通り文字入力がめちゃくちゃストレス。ブラウザやGooglePlay、Youtubeでもマウスが無いため、カーソルを持っていきたいところになかなかたどり着けないんですよね。。Android対応のマウスも欲しいな。

追記

マウスは背面USBポートから接続するだけで使えました。

キーボードはBluetoothキーボードを使えますがAndroidの入力設定を日本語にしていても中国語が出るので設定確認中。

また、本体は日本語非対応。

Androidはもちろん日本語に出来ますがプロジェクターの基本機能が日本語対応していません。難しい単語は出てきませんのでEnglishのままでも使用には問題ありませんが英語アレルギーの方は注意。

f:id:photoblg:20170716152043j:plain

動作映像

少々ダラダラした映像になってしまいましたが、動作している動画を作成しました。

暗いため途中ピンぼけで見辛いところがあります・・・。

最後に

以上今回は低価格で多機能なLEDプロジェクターGP70UPについて紹介しました。

GP70UPはOEM提供されているのか、いろいろな種類がAmazonなどで販売されているようです。

更に安く買うなら海外通販のTOMTOP がオススメ!

そのままでもAmazonで購入するより3000円程度安く購入できますが、今回は当ブログ限定約1100円OFF(10ドル)の割引コードを用意してもらいました。TOMTOP専用です。有効期限は8/31までですのでご興味ある方はこの機会に是非!

1100円 OFF(10ドル) クーポン VVUS228

TOMTOPからの購入方法はこちらを参考にどうぞ。

MP3再生機能付 AUKEY FMトランスミッターBR-C12レビュー

f:id:photoblg:20170710011002j:plain

※ AUKEY様よりサンプル提供レビュー

休日は何かと車で移動することが多いケーです。

移動中の車内、音楽は欠かせないため、カーオーディオはかなり昔からMP3対応のものを使ってました。

スマホを使うようになってからは、BluetoothのFMトランスミッターがメイン。

今回AUKEYの新製品でMP3再生機能付のFMトランスミッター BR-C12のサンプル品を頂いたので紹介したいと思います。

FMトランスミッターって?

FMトランスミッターはFM電波の送信機。主にデジタル・オーディオプレイヤーなどの音楽を、近くのFMラジオで受信して聴くためのオーディオアクセサリーのことを指していることが多い。

以前は雑音だらけでまったく使い物にならない酷い商品が多数あり、当たりハズレが激しいアイテムという印象が強かった。

今まで使ってたのはコレ。

何故か購入当時の倍以上の価格になっていますが、音質も良いですしオススメできる商品です。

不満点はUSBポートが1つしか無いということと、Amazonのレビューでも書いている人がいるようにちょっと緩いところぐらい。

開封

届きましたので早速開封しました。箱はAUKEYおなじみのシンプルなもの。

f:id:photoblg:20170710011835j:plain

こんな感じで入ってます。

f:id:photoblg:20170710011941j:plain

同梱物

f:id:photoblg:20170710012328j:plain

  • AUKEY FMトランスミッターBR-C12
  • 3.5mmピンプラグ
  • マニュアル(英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・イタリア語・日本語)
  • 24ヶ月保証カード

主な仕様

対応プロファイルBT3.0, A2DP, AVRCP, HSP, HFP
FM周波数範囲88.1-107.9MHz
送信距離5m
USB出力5V 2.4A(最大)
USBオーディオ出力最大32GB(フラッシュドライブ)
サポート音楽フォーマットMP3,WMA
サイズ120 x 147 x 41mm
重量95g

外観

一番最初に目に入ってきたのが上部にあるダイヤル。ボリューム調整ができます。手前のポートはUSBオーディオ用ポート。

f:id:photoblg:20170710013248j:plain

裏面にはCEマーク、RoHS、リサイクルマークなどがあります。

f:id:photoblg:20170710013302j:plain

右サイドには3.5mmAUX入力と周波数調整(ダウン)ボタン。

f:id:photoblg:20170710013313j:plain

左サイドは周波数調整(アップ)ボタンとマイク。マイクは接続時ハンズフリー通話で使うもの。

f:id:photoblg:20170710013327j:plain

上部中央部にLEDディスプレイ、曲戻り・曲送りボタン。

f:id:photoblg:20170710013430j:plain

シガーソケット部には、充電用のUSBポート

f:id:photoblg:20170710013447j:plain

シガーソケットに接続するとボリューム部の周りが青く光ります。

f:id:photoblg:20170710015100j:plain

ポイント

MP3再生用USBポートがついている

f:id:photoblg:20170710015425j:plain

最近ではスマホを持っている人がほとんどのため、スマホの音源を再生することが多いとは思いますがUSB音源が対応しているのは嬉しい機能。

小型フラッシュメモリに好きな曲をたっぷり入れておけばスマホが無くても音楽を楽しめます。1曲あたり8MBだと4000曲ぐらい入れておけます。

f:id:photoblg:20170710092026j:plain

スペック上では「MP3、WMA」が対応フォーマットですがMP4(もちろん音声のみ)も再生されました。

画像を見ての通り、ディレクトリの概念が無いので一括で「◯曲」という表示になります。過度の期待は禁物、おまけとして考えていたほうが良いかな。

3.5mmAUX入力での再生もできるので、Bluetoothの無いオーディオプレイヤーでも音楽を楽しむことは可能です。

充電ポートが2つ

f:id:photoblg:20170710020249j:plain

オーディオ用のUSBポートは充電としても使えます。最近はUSB電源での充電機器が多いので複数あるのはうれしいです。

f:id:photoblg:20170710092329j:plain

どちらのポートも実測はこれぐらいでした。

オーディオコントロールが可能

f:id:photoblg:20170710020226j:plain

Bluetooth接続していると上部のボリュームダイヤルで音量調整、上部のボタンで曲戻し、曲送りが可能。ちょっと音を小さくしたい時など手元で出来るのはかなり便利です。

アーティスト選びや曲選びはSiriさんに頼みます。

雑音や音質は?

一番気になるのは音質だとは思いますが、音声によっぽどのこだわりがある方以外は全く問題ないです(音質は良い)。

設定する周波数にも影響されるとは思いますのが、わたしが使ったタイミングではノイズが入ることはありませんでした。

イマイチな点は?

通常利用時は特別不満な点はありません。しいて言うなら青のLEDが夜間眩しい可能性はあるかな・・・それぐらいです。

最後に

今回はAUKEYの新製品FMトランスミッターBR-C12を紹介しました。

なかなか良かったので普段利用決定ですね。またAUKEYさんのお気に入りが増えました。

なお、今回は当ブログ限定で440円OFFの割引コードを用意してもらいました。有効期限は7/13までですのでご興味ある方はこの機会に是非!

440円 OFF クーポン AUKBRC12

クーポン適用方法

商品をカートに入れた後、以下の「Amazonギフト券・Amazonショッピングカードまたはクーポン」に上記クーポンコードを入力して「適用」ボタンで割引が反映されます。

f:id:photoblg:20170314164846p:plain

クーポンを適用すると、割引されるのを確認してください。ご請求額が以下のように割引適用後の金額になっていれば反映されています。

f:id:photoblg:20170314235547p:plain

Que tab PZの自宅フルセグ環境を整えた

f:id:photoblg:20170627233135j:plain

先日記事でも紹介したタブレットQue tab PZですが、かなり快適に使えてます。

しかし唯一不安定な機能があって、先週末に出掛けたときから気になっていました。

それはフルセグの入り(電波)が場所によってかなり不安定なところです。

無理やり感が否めないですが、自宅用の環境を整えてみました。

続きを読む

臨場感のある重低音 dodocool 3Dインナーイヤーヘッドホンレビュー

f:id:photoblg:20170626233928j:plain

※ dodocool様よりサンプル提供レビュー

最近はすっかりBluetoothヘッドフォンの利用頻度が高く、ケーブルレスの開放感にハマり中のケーです。

もう今さらケーブルありなんて使いたいと思わなかったんですが、バーチャル5.1サラウンドサウンド重低音が売りというdodocool 3Dインナーイヤーヘッドホン(イヤフォン)のサンプルを頂いたので使ってみました。

続きを読む